2015年03月28日

キャンドゥ「脱100円均一」 千円超の雑貨扱う新店舗

キャンドゥ「脱100円均一」 千円超の雑貨扱う新店舗

キャンドゥ「脱100円均一」 千円超の雑貨扱う新店舗
http://www.asahi.com/articles/ASH3V4410H3VULFA00K.html
2015年3月27日15時58分

100円ショップ大手のキャンドゥ(東京)は、千円を超える生活雑貨も扱う新型店「OHO!HO!(オホホ)」の1号店を27日、東京・渋谷のファッションビル「パルコ」内に開いた。

 税別100円の樹脂製の雑貨も一部は扱うが、約2千点の全商品の2割は500円〜4千円ほど。高級感のある木製の皿や置き時計、ガラス製容器も並べる。100円の価格設定にとらわれないため、担当者は「より幅広い価値の商品を提供でき、消費者の選択肢を広げられる」という。

 売り場面積を既存店の3分の1にあたる100平方メートルほどに抑え、駅ビルや地下街といった場所にも新たに出店する方針だ。

 ワッツ(大阪市)は税別100円、300円、500円の三つの価格の商品を扱う新型店「スリージ」を昨年11月に東京・板橋に開いた。今後も店を増やしていく方針だ。

 SBI証券の藤本誠之シニアマーケットアナリストは「円安の影響で商品の仕入れ値が上がり、100円の価格設定がつらくなっている。柔軟な価格設定ができれば、利益につながる」と指摘する。


キャンドゥ.PNG



100円ショップ大手のキャンドゥ(東京)は、千円を超える生活雑貨も扱う新型店「OHO!HO!(オホホ)」の1号店を27日、東京・渋谷のファッションビル「パルコ」内に開いた。
税別100円の樹脂製の雑貨も一部は扱うが、約2千点の全商品の2割は500円〜4千円ほど。
渋谷のパルコですか。
渋谷と言えば、タワー・レコードによく行くのですが、今度、ここに寄ってみよう。
「駅ビルや地下街といった場所にも新たに出店する方針」とのことですが、渋谷のパルコ以外にも「OHO!HO!(オホホ)」が出来ると良いですね。
ラベル:キャンドゥ
【関連する記事】
posted by hazuki at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック