2015年03月23日

[一票の格差] 衆院一票の格差訴訟 「合憲」判決に不服と上告

[一票の格差] 衆院一票の格差訴訟 「合憲」判決に不服と上告



【一票の格差】
衆院一票の格差訴訟 「合憲」判決に不服と上告
http://www.sankei.com/affairs/news/150323/afr1503230021-n1.html
2015.3.23 18:43

「一票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選が人口比例に基づかない憲法違反の選挙として全国の高裁・高裁支部に選挙のやり直しを求めた訴訟で、升永英俊弁護士らのグループは23日、「合憲」として請求を棄却した東京高裁判決を不服として最高裁に上告した。昨年の選挙をめぐる一連の訴訟の全国最初の判決だった。

 19日の東京高裁判決は、「0増5減」とした昨年の選挙の区割りを「憲法違反の状況ではない」と指摘。格差是正に向けた国会の取り組みを「妥当だった」と評価した。

 昨年の選挙をめぐっては、2つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に全295選挙区の選挙やり直しを求めた計17件の訴訟を起こしている。




「一票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月の衆院選が人口比例に基づかない憲法違反の選挙として全国の高裁・高裁支部に選挙のやり直しを求めた訴訟で、升永英俊弁護士らのグループは23日、「合憲」として請求を棄却した東京高裁判決を不服として最高裁に上告した。
昨年衆院選の一票の格差は「違憲状態」と名古屋高裁の判決に続いて、大阪高裁でも「違憲状態」だったと判断。
0増5減は何もしていないに等しいので、合憲はおかしいのです。



大阪高裁も「違憲状態」 衆院“一票の格差”訴訟で3件目判決


名古屋高裁 衆院選一票の格差で「違憲状態」(15/03/20)




参考

一票の格差訴訟、昨年の衆院選は「合憲」 東京高裁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/415913146.html
ラベル:最高裁
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック