2015年03月22日

礒崎首相補佐官、憲法改正「まず緊急事態条項から」

礒崎首相補佐官、憲法改正「まず緊急事態条項から」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE22H07_S5A320C1PP8000/?n_cid=TPRN0006
2015/3/22 18:53

自民党憲法改正推進本部の事務局長を務める礒崎陽輔首相補佐官は22日、大分市での自身の政治資金パーティーで、憲法改正について、大災害などを想定した緊急事態条項の新設から取り組むべきだとの考えを示した。「最初はできる限り合意が得られるところで行い、次からもう少し難しい問題を議論すれば良い」と2段階論を唱えた。

 礒崎氏は憲法9条改正や改憲手続きを緩和する96条改正を2段階目の課題だと説明。「分かりやすいところから改正する必要がある。そうすれば国民も9条などの議論の仕方が分かる」と述べた。〔共同〕


礒崎陽輔.PNG



自民党憲法改正推進本部の事務局長を務める礒崎首相補佐官は22日、大分市での自身の政治資金パーティーで、憲法改正について、大災害などを想定した緊急事態条項の新設から取り組むべきだとの考えを示した。
「最初はできる限り合意が得られるところで行い、次からもう少し難しい問題を議論すれば良い」と2段階論を唱えた。
礒崎議員が自民党の憲法改正推進本部の事務局長なのですね。
憲法改正は合意が得られる部分からで、憲法9条は長い時間を掛けないとダメでしょうね。
ラベル:礒崎陽輔
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック