2015年03月20日

1位韓国、2位中国 不法残留者6万人 22年ぶりに増加

1位韓国、2位中国 不法残留者6万人 22年ぶりに増加



1位韓国、2位中国 不法残留者6万人 22年ぶりに増加
http://www.sankei.com/affairs/news/150320/afr1503200044-n1.html
2015.3.20 19:18

法務省入国管理局は20日、今年1月1日時点の不法残留者数が6万7人だったと発表した。前年に比べ1・6%増え、22年ぶりに増加に転じた。

 国・地域別にみると、韓国が最も多く1万3634人、次いで中国8647人、タイ5277人の順。タイで前年比20・2%、6位のベトナムで同66・8%(2453人)の増加が目立った。同局は技能実習生の失踪などが増加の背景にあるとみている。

 一方、昨年1年間の日本への入国拒否者数は3580人で前年比25・2%増加した。国・地域別でみると、タイが前年比112・5%増の1039人で最多。次いで、韓国622人、トルコ328人の順。タイは19年ぶりに千人を超え、22年ぶりに国・地域別で最多となった。




法務省入国管理局は20日、今年1月1日時点の不法残留者数が6万7人だったと発表した。
前年に比べ1.6%増え、22年ぶりに増加に転じた。
国・地域別にみると、韓国が最も多く1万3634人、次いで中国8647人、タイ5277人の順。
タイで前年比20.2%、6位のベトナムで同66.8%(2453人)の増加が目立った。
1位の韓国と2位の中国は、大嫌いな日本に何故、住みたがるのかと思いますね。
タイやベトナムに関しては、技能実習生の失踪などが増加の背景にあるのかも知れませんね。
ラベル:法務省
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック