2015年03月19日

危険ドラッグ原料密輸容疑で逮捕、ビットコインで決済

危険ドラッグ原料密輸容疑で逮捕、ビットコインで決済
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2448309.html

ビットコインで決済し、危険ドラッグの原料となる指定薬物を中国から密輸したとして、33歳の男が警視庁に逮捕されました。

 薬事法違反の疑いで逮捕されたのは、東京・新宿区の危険ドラッグ製造業、清水雅之容疑者(33)で、去年9月、指定薬物を含む危険ドラッグの原料、およそ500グラムを中国から密輸した疑いが持たれています。

 清水容疑者は新宿区内のマンションの一室で危険ドラッグを製造し、販売業者に卸していて、去年10月からの4か月間で、4000万円の売り上げがあったとみられています。

 清水容疑者は、これらの決済の一部に、匿名性の高い仮想通貨『ビットコイン』を使用していて、警視庁が裏付けを進めています。(19日11:27)


清水雅之容疑者(33).PNG



ビットコインで決済し、危険ドラッグの原料となる指定薬物を中国から密輸したとして、薬事法違反の疑いで東京・新宿区の危険ドラッグ製造業、清水雅之容疑者(33)が警視庁に逮捕された。
清水容疑者は新宿区内のマンションの一室で危険ドラッグを製造し、販売業者に卸していて、昨年10月からの4か月間で、4000万円の売り上げがあったとみられている。



危険ドラッグ原料密輸容疑で逮捕、ビットコインで決済
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック