2015年03月13日

シャープ、上告せず 「IGZO」商標無効判決で

シャープ、上告せず 「IGZO」商標無効判決で

シャープ、上告せず 「IGZO」商標無効判決で
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11H8Y_R10C15A3000000/
2015/3/12 0:06

シャープは11日、スマートフォンなどに使う液晶ディスプレーの商標「IGZO」の独占使用を無効と判断した2月の知財高裁判決について、上告しないことを明らかにした。同社は「上告しても主張が認められることは難しいと判断した。業績に与える影響はない」としている。

 シャープは他に片仮名表記の「イグゾー」やロゴタイプの商標を登録している。

 液晶ディスプレーの原材料名を示す略称「IGZO」の使用を独占できるかどうかが争われた訴訟で、知財高裁は2月25日、独占を認めない判決を言い渡した。

 シャープは、独占使用を無効とした特許庁の審決取り消しを求めたが、判決は「IGZOの略称は原材料名として広く認識されている」として請求を棄却した。

 IGZOはインジウム、ガリウムなどの略称で、科学技術振興機構がIGZOを使った技術の特許を管理している。シャープは2012年1月に機構とライセンス契約を結び、世界で初めて量産化に成功した。

 シャープは11年11月にIGZOを商標登録したが、機構が13年7月、「商品の原材料名は商標登録できない。研究者らが略称を自由に使えないのはおかしい」として特許庁に無効を請求し、昨年3月に認められた。〔共同〕


IGZO.PNG



シャープは11日、スマートフォンなどに使う液晶ディスプレーの商標「IGZO」の独占使用を無効と判断し2月の知財高裁判決について、上告しないことを明らかにした。
同社は「上告しても主張が認められることは難しいと判断した。業績に与える影響はない」としている。
アルファベットの「IGZO」はシャープ以外も利用出来るようになるが、「イグゾー」「イグゾーパネル」といった単語は引き続きシャープが商標として登録している。



「IGZO」商標訴訟で敗訴のシャープ、上告断念を発表
http://www.j-cast.com/2015/03/12230162.html
2015/3/12 12:48

シャープは2015年3月11日、液晶「IGZO」の商標登録を無効とし、シャープの独占使用を認めないとした地財高裁判決について、「上告しても当社の主張が認められることが難しい」として最高裁への上告を断念したと発表した。

これにともなってアルファベットの「IGZO」はシャープ以外も利用できるようになるが、「イグゾー」「イグゾーパネル」といった単語は引き続きシャープが商標として登録している。




参考

知財高裁:「IGZO」商標無効…シャープの請求棄却
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/414666959.html
ラベル:シャープ
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業・団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック