2015年03月04日

菅長官「事実を歪曲」 中国の尖閣諸島PR日本語版Websiteの削除を要求

菅長官「事実を歪曲」 中国の尖閣諸島PR日本語版Websiteの削除を要求



菅長官「事実を歪曲」 中国の日本語版ウェブサイトの削除を要求
http://www.sankei.com/politics/news/150304/plt1503040026-n1.html
2015.3.4 19:34

菅義偉(すが・よしひで)官房長官は4日の記者会見で、中国国家海洋局が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の中国領有権を主張するウェブサイトの日本語版と英語版を開設したことについて「事実関係を歪曲(わいきょく)して中国側の独自の主張を改めて述べている。全く受け入れられる内容ではない」と批判し、中国側にサイトの削除を要求したことを明らかにした。在中国日本大使館の参事官が中国側に行った。

 菅氏によると、国家海洋局が昨年末に中国語によるウェブサイトを開設した際にも、外交ルートを通じて中国側に厳重抗議し、即刻削除するよう求めた。

 菅氏は、日本語版の開設にあたり「今回も改めて厳重に抗議した」と述べた。また「尖閣諸島は歴史的にも外交的にもわが国固有の領土であり、現にわが国が有効に支配している」と改めて強調した。


菅義偉.PNG



菅官房長官は4日の記者会見で、中国国家海洋局が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の中国領有権を主張するWebsiteの日本語版と英語版を開設したことについて「事実関係を歪曲して中国側の独自の主張を改めて述べている。全く受け入れられる内容ではない」と批判し、中国側にサイトの削除を要求したことを明らかにした。
産経新聞の報道は、「菅長官「事実を歪曲」 中国の日本語版ウェブサイトの削除を要求」と見出しがありますが、日本版だけでなく、英語版のWebsiteの削除を要求していると捉えて良いのでしょうか。
中国は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)−中国固有の領土」と題する中国語のサイトを翻訳した訳ですが、尖閣諸島は日本の領土です。
中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、尖閣諸島に資源があることが分かった1970年頃からです。



「中国が最も早く釣魚島を発見、命名した」 中国サイト、日本語で「尖閣」領有権主張 
http://www.sankei.com/politics/news/150304/plt1503040016-n1.html
2015.3.4 12:41

中国国家海洋局は4日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の中国領有権を主張するウェブサイトの日本語、英語版を公開した。外務省が尖閣をめぐる日本の主張をまとめたパンフレットの中国語、英語版などを公開しているのに対抗したものとみられる。

 昨年12月に立ち上げた「釣魚島(尖閣諸島の中国名)−中国固有の領土」と題する中国語のサイトを翻訳した。「歴史、地理、法理のいかなる角度から見ても、釣魚島およびその付属島しょは中国固有の領土」「中国が最も早く釣魚島を発見、命名かつ利用した」などと日本語で記されている。

 国営通信の新華社は、日本語・英語版の公開について「国際社会に事実と真相を理解させるため」としている。(共同)


中国が尖閣諸島領有権主張サイトを開設.PNG


【尖閣問題】安心して尖閣諸島が日本のものだと確信できる動画




参考

中国海洋情報センター、尖閣領有権のアピールサイト立ち上げ=中国人専門家「もっと早く開設すべきだった」「安倍政権の野心を世界中に暴露」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411838466.html
ラベル:菅義偉
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック