2015年03月01日

ロシアの野党党首のボリス・ネムツォフ氏(55)を暗殺したのはCIAかロシアの反ユダヤ勢力の模様(転載記事)

ロシアの野党党首のボリス・ネムツォフ氏(55)を暗殺したのはCIAかロシアの反ユダヤ勢力の模様(転載記事)

日本や世界や宇宙の動向より転載
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/

ロシアの野党党首が暗殺されました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51952713.html

追記:
少しの間、ライブドアブログサイトがシステムダウンをしたため、ブログを開けることができませんでしたぁ。
さて、以下の事件に関して、キングワールドニュースの最新記事は、ロシアの野党党首を暗殺したのはCIAかロシアの反ユダヤ勢力ではないかと伝えています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロシアの野党党首がモスクワの中心地で銃撃を受け暗殺されたようです。
暗殺された野党党首はハザール系のユダヤ人で、エリツィン(ロシア人だが妻がユダヤ人のアル中政治家)時代に副首相を務めた政治家です。歴史的にもロシアはロシア人対ハザール系ユダヤ人との戦いが繰り広げられてきたようですが。。。今回もロシアのハザール系ユダヤ人が暗殺されたことでロシアに再び、ロシア人対ハザール系ユダヤ人の激しい内戦が起こる危険性があると記事は伝えています。
世界を支配しているエリートら(イルミナティ)は、世界各国で民族間内戦を勃発させ、民族浄化をやらせているのです。
そして、今回の暗殺もプーチン側がやったのではなく、プーチン政権を倒したいハザール系ユダヤ人(シオニスト)の仕業ではないでしょうか。
ひょっとしたら。。。イルミナティの内紛なのかもしれません。ハザール系ユダヤ人の組織と非ユダヤ系組織との内紛?
何しろ、ロシアがイルミナティの配下ではないということは考えられません。イルミナティは世界各国の政府を配下に置き世界を牛耳っています。イルミナティのメンバーでないのは一般人(世界人口の90%?)だけなのかもしれません。
世界的著名人、政治家、芸術家、芸能人、大企業経営者、メディア、他はイルミナティのメンバー或いは監視下に置かれています。
世界的にみて、BRICS 対 欧米の戦争が勃発しているかのように見えますが、実はイルミナティの内戦だと思うのですが。
今回、ロシアのハザール系ユダヤ人の政治家が暗殺されてことで、ロシアで激しい内戦が起こらないことを
望みます。ロシア人はユダヤの策略に騙されてはいけません。

http://beforeitsnews.com/home/featuredlist/featured.html
(概要)
2月27日付け:ALERT: Russian Opposition Leader SHOT DEAD – Ukraine 2.0 Incoming?
21st Century Wire

国際的に非常に危険な情勢となりました。国際政治において非常に危険な展開となりました。
プーチンに非常に批判的でロシアの野党(ロシア共和党、自由主義政党)党首のボリス・エフィーモヴィチ・ネムツォフ(エリツィン政権で第一副首相を務めたユダヤ人)がモスクワの中心地で暗殺されました。彼は4回の銃撃を受けたとのことです。タス通信より

このような事件が起きたことでロシアとプーチンが益々世界から孤立することになるでしょう。
欧米メディアは、ロシアがウクライナを侵略したと報道していましたが、ウクライナ政府はウクライナの内紛にロシア軍は加わっていないと証言したのです。
欧米メディアは引き続きロシアは世界で孤立していると報道しています。
一方、ロシアはトップニュースとして扱うべき国際的取り決めを成し遂げたのです。欧米メディアの嘘が世界に通用しないことが分かると、今度は、欧米諸国は非常に危険な事態を招く反ロシア作戦を断行しました。


ボリス・ネムツォフ.PNG
(暗殺された野党党首のボリス・エフィーモヴィチ・ネムツォフ氏)

オーストラリアのアボット首相は、ロシアとプーチンに対し、ロシアがマレーシア航空機(MH17)を撃ち落としたと発言したことを陳謝しました。タブロイド紙は飛行機の追撃事件直後にロシアの仕業であると報道したのです。
今週前半に、我々は、CIAがイランの核兵器開発をでっちあげるために偽の証拠を作成しようとしていたと報道しました。
さらに、我々は、米政府は何百万ドルもの資金を投入してウクライナの親ロ派政府(ヤヌコビッチ政権)を倒しウクライナに混乱を招いた事実を把握しています。
欧米は、欧米の覇権主義の命令に従わない国に対しては常に内政干渉を行い、その国をめちゃくちゃにします。


政治家の暗殺.PNG
政治家の暗殺は昔から行われてきました。

今回のロシア野党党首の暗殺は、プーチンを政界から追放するために仕掛けた大きな罠の一環である可能性があります。
欧米がこのような策略でロシアを悪の枢軸国に仕立て上げることで世界は新たな危機に直面することになるでしょう。ロシアは既に欧米諸国がロシアの内政に干渉していることに激怒しています。
ロシアはこれまで欧米諸国の度重なる反ロシア作戦に我慢を重ねてきました。しかし今回の事件をきっかけに、ロシアは我慢の限界に達し大規模な反撃を開始する可能性があります。

さらに、今回の事件によりウクライナ2.0に突き進むのではないかと思います。外国からの資金と影響力により、ロシアを2分する激しい内紛が起こる可能性があります。
ロシアが不安定化すると、核貯蔵庫が狙われる可能性もあります。ロシアは世界経済の立て直しに主導権を持とうとしています。欧米諸国はロシアの内政に干渉し、ロシア全体を不安定化させるのではなくロシアと協力して世界経済を立て直すべきです。




キングワールドニュースの最新記事は、ロシアの野党党首を暗殺したのはCIAかロシアの反ユダヤ勢力ではないかと伝えています。
ロシアの野党党首がモスクワの中心地で銃撃を受け暗殺されました。
暗殺された野党党首はハザール系のユダヤ人で、エリツィン(ロシア人だが妻がユダヤ人のアル中政治家)時代に副首相を務めた政治家です。
世界を支配しているエリートら(イルミナティ)は、世界各国で民族間内戦を勃発させ、民族浄化をやらせているのです。
今回の暗殺もプーチン側がやったのではなく、プーチン政権を倒したいハザール系ユダヤ人(シオニスト)の仕業ではないでしょうか。
また、背後にイルミナティですか。
CIAや反ユダヤ勢力の仕業ではないかと日本のメディアでは報道されませんね。
如何にも、プーチンを批判したから、消されたかのような報道です。



反プーチン指導者暗殺=ウクライナ反戦デモ前−モスクワ
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015022800056&g=int

【モスクワ時事】インタファクス通信によると、ロシアのプーチン政権を批判する野党指導者ボリス・ネムツォフ氏(55)が27日夜、モスクワ中心部で暗殺された。捜査当局によると、クレムリン(大統領府)近くの橋を散歩中、車から追い越しざまに撃たれた6発のうち4発の銃弾を受け、その場で死亡したという。
 ネムツォフ氏らは3月1日にモスクワ南東部で、プーチン政権のウクライナ軍事介入に抗議する「反戦デモ」を計画。当局筋は、デモに絡んで暗殺された可能性があると語った。デモは、反政権ブロガーのアレクセイ・ナワリヌイ氏や元石油王ミハイル・ホドルコフスキー氏ら、大統領の「政敵」が呼び掛け人だった。(2015/02/28-11:54)


ラベル:ロシア
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック