2015年02月22日

小林多喜二、虐殺後の写真発見 母ら悲嘆の様子伝える

小林多喜二、虐殺後の写真発見 母ら悲嘆の様子伝える
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022001002153.html

「蟹工船」などで知られるプロレタリア作家の小林多喜二が、特高警察の拷問で死亡し自宅に運ばれた後に撮影された写真の原板が、20日までに東京都内で見つかった。遺体を母親セキらが囲み、悲嘆に暮れている様子を生々しく伝える貴重な史料だ。

 作家仲間らが遺体を囲んでいる写真は有名だが、今回見つかった写真は存在も知られていなかった。双方の写真の原板が一緒に保管されていた。

 見つかったのはガラス乾板という、現在のネガフィルムに当たるもの。プロレタリア文学研究者の伊藤純さん(82)が昨秋、都内の自宅で、父親で多喜二の作家仲間だった貴司山治の遺品を整理中に発見した。
2015/02/20 20:55 【共同通信】


蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫) -
蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫) -



「蟹工船」などで知られるプロレタリア作家の小林多喜二が、特高警察の拷問で死亡し自宅に運ばれた後に撮影された写真の原板が、20日までに東京都内で見付かった。
小林多喜二が亡くなったのは、昭和8年2月20日です。
拷問死が行われるような社会にならなことを願います。
特定秘密保護法の施行、共謀罪の検討、日本版FEMA(強制収容所)などの動きを見ていると心配です。
多喜二の蟹工船は好きです。
「マンガ蟹工船」が無料で読めるようですよ。
私は皆さんの大嫌いな左翼の子として生まれました。
多分、激戦地で戦死した祖父も俗に言う「アカ」だったと思います。
私の父は今では寝たきりになっていますが、共産党員です。
全体主義の恐ろしさに気付いたのが、Goerge Orwell(ジョージ・オーウェル)の"Animal Farm"(動物農場)や「1984」を読んでからです。
Orwell(オーウェル)は評論集も良かったですね。
Penguinから洋書も出ています。
グローバリズム(構造改革)も全体主義と変わらない概念です。



『マンガ蟹工船』を無料公開!!
http://www.takiji-library.jp/announce/2007/20070927.html
ラベル:小林多喜二
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック