2015年02月21日

ヒトラーの「わが闘争」来年、独で再出版か 主張は誤りと解説

ヒトラーの「わが闘争」来年、独で再出版か 主張は誤りと解説

「わが闘争」来年、独で再出版か 主張は誤りと解説
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022001002260.html

【ベルリン共同】ドイツのメディアは20日、ナチスの独裁者ヒトラーの著書「わが闘争」が、同国で来年1月に再出版される見通しになったと報じた。第2次世界大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)で知られるナチスのイデオロギーの柱となったとして、これまで事実上出版が禁じられており、今後論議を呼びそうだ。

 再出版を計画しているのはナチス研究などで知られる「現代史研究所」(南部バイエルン州ミュンヘン)。原作は780ページ程度だが、ヒトラーの主張が重大な誤りだと指摘する解説を付けるため、全体では2巻で計約2千ページになるという。
2015/02/20 21:49 【共同通信】


ヒトラー.PNG



ドイツのメディアは20日、ナチスの独裁者ヒトラーの著書「わが闘争」が、同国で来年1月に再出版される見通しになったと報じた。
再出版を計画しているのはナチス研究などで知られる「現代史研究所」(南部バイエルン州ミュンヘン)。
原作は780ページ程度だが、ヒトラーの主張が重大な誤りだと指摘する解説を付ける為、全体では2巻で計約2千ページになるという。
ドイツではナチス称賛に繋がる書物の配布が禁じられているが、学術目的なら出版は可能とされている。
ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)云々と語るとユダヤ系が激怒するようです。
リチャード・コシミズのところにユダヤ人から脅しが来た模様なので、ホロスコート云々やヒトラーを称賛しているように受け止められるコメントは控えます。
情報のみのお届けです。



ヒトラーの「わが闘争」来年再出版か…独、主張は重大な誤りと解説
http://www.sankei.com/world/news/150220/wor1502200046-n1.html
2015.2.20 21:40

ドイツのメディアは20日、ナチスの独裁者ヒトラーの著書「わが闘争」が、同国で来年1月に再出版される見通しになったと報じた。第2次世界大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)で知られるナチスのイデオロギーの柱となったとして、これまで事実上出版が禁じられており、今後論議を呼びそうだ。

 再出版を計画しているのはナチス研究などで知られる「現代史研究所」(南部バイエルン州ミュンヘン)。原作は780ページ程度だが、ヒトラーの主張が重大な誤りだと指摘する解説を付けるため、全体では2巻で計約2千ページになるという。

 これまでにも出版計画が持ち上がっているが、著作権を保有するバイエルン州が認めてこなかった。ドイツではナチス称賛につながる書物の配布が禁じられているが、学術目的なら出版は可能とされている。(共同)



ヒトラー「わが闘争」が独で出版へ。Hitler's Mein Kampf will be published in Germany.

https://www.youtube.com/watch?v=YJtR--YI58I
↑↑↑↑↑
2010年にUPされた動画です。
ラベル:ドイツ
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック