2015年02月21日

与那国町:22日に住民投票…陸自配備巡り賛否

与那国町:22日に住民投票…陸自配備巡り賛否

与那国町:22日に住民投票…陸自配備巡り賛否
http://mainichi.jp/select/news/20150221k0000m040088000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20150221k0000m040088000c2.html
毎日新聞 2015年02月20日 21時54分(最終更新 02月21日 00時29分)

沖縄県与那国町(よなぐにちょう)で22日、陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の賛否を問う住民投票が実施される。政府が計画する南西地域の防衛力強化(南西シフト)第1弾として昨年4月から駐屯地の建設工事が始まっており、投票結果に法的拘束力はない。だが、島民は賛成派と反対派で二分されており、「反対」票が上回れば配備計画は暗礁に乗り上げる可能性がある。【福永方人】
 ◇活性化か、標的の島か、二分…尖閣から150キロ

 在来馬のヨナグニウマが草をはむ脇を工事車両が行き交い、重機がうなりを上げる。約110キロ先の台湾が見渡せる島南西部の高台で駐屯地の造成工事が進む。集落には「自衛隊配備で島の活性化」「標的の島になる」と書かれたのぼりが乱立し、「政争の島」の様相が際立つ。

 人口約1500人の与那国町は、町長選や町議選のたびに陸自の配備を巡って賛成、反対両派が激突。2013年の前回町長選では賛成派の外間守吉町長が3選を果たし、配備問題は決着したかに見えた。しかし票差は47票。反対派の勢いは衰えず、昨年9月の町議選(定数6)で優勢になると、町議会で住民投票条例案が可決された。

 「今さら住民投票をやってもしょうがないと思うが、勝って決着をつけたい」。「自衛隊に賛成する会」の金城信浩(きんじょうしんこう)会長(71)は「最終決戦」と位置付ける。台湾との交易で栄えた終戦直後、島の人口は約1万2000人いたとされるが、現在は8分の1。経済は衰退し、人口流出が止まらない。「自衛隊員と家族の移住で人口や税収の増加、消費拡大も期待できる」とアピールする。

 同じ沿岸監視部隊が1969年に配備された北海道の礼文(れぶん)町。現在約50人の隊員がおり、住民との交流は進んだ。だが、人口は70年の7535人から2713人に減った。地元の自治会長、村井隆さん(63)は「地域の行事や雪かきを手伝ってくれるなど心強い存在だが、人口を増やすには根本的な産業振興が必要だ」と指摘する。それでも、金城会長は「自衛隊にすがらざるを得ないほど与那国は追い込まれているということだ」と訴えた。

与那国島は日中の緊張状態が続く尖閣諸島まで約150キロで、島民には自衛隊の配備で緊張がより高まるとの懸念も強い。「住民投票を成功させるための実行委員会」の上地国生(うえちくにお)委員長(72)は「駐屯地がある島は攻撃の的になってしまう。監視レーダーの電磁波による健康被害の恐れもある」と主張する。

 投票結果で配備反対が上回ったとしても、中谷元防衛相は「予定通り(計画を)進めていきたい」との姿勢だ。しかし、政府は民意を無視して強行できるのか。外間町長は20日、毎日新聞の取材に対し「国が求めてくる行政手続き関係は一切拒否することにならざるを得ない。配備計画は中止または変更を余儀なくされることになるだろう」と明言した。
 ◇南西シフト◇

 政府が中国の軍備増強などをにらんで進めている南西地域の防衛力を強化する計画。「防衛の空白地域」とされる南西諸島は、沖縄の与那国島、宮古島、石垣島、鹿児島の奄美大島に陸上自衛隊の部隊を新設する。与那国島には、付近を航行する艦船や航空機をレーダーなどで監視する沿岸監視部隊を配備する。隊員は約150人。島内2カ所(計約26ヘクタール)に駐屯地と監視所を整備し、監視レーダーや訓練場、隊員の宿舎などが置かれる。来年3月までに基地建設工事が終了し、配備が完了する予定。


与那国町.PNG



沖縄県与那国町(よなぐにちょう)で22日、陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の賛否を問う住民投票が実施される。
政府が計画する南西地域の防衛力強化(南西シフト)第1弾として昨年4月から駐屯地の建設工事が始まっており、投票結果に法的拘束力はない。
だが、島民は賛成派と反対派で二分されており、「反対」票が上回れば配備計画は暗礁に乗り上げる可能性がある。
自衛隊を応援する会が存在することは救いです。
新基地阻止の反対派だけでない。
台湾に近い与那国町は中国の動きを警戒すべき。
新基地反対などと訴えていると、中国の琉球自治区になる恐れがあります。
沖縄の離島は警戒すべき。
賛成派の意見が上回ることを祈ります。



【KSM】自衛隊基地で変わる与那国島、中国にらんだ実効支配の最前線に




参考

住民投票条例を可決 陸自配備めぐり沖縄・与那国町 1月中旬までに実施へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409089244.html
ラベル:与那国町
【関連する記事】
posted by hazuki at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック