2015年02月16日

第3子以降、就学前まで保育料無料 福井県、所得制限なしは全国初

第3子以降、就学前まで保育料無料 福井県、所得制限なしは全国初

第3子以降、就学前まで保育料無料 福井県、所得制限なしは全国初
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/politics/64177.html
2015年2月16日午後5時15分

福井県は新年度から子育て支援や少子化対策に一層力を入れる。4月から第3子以降の子どもの保育所・幼稚園の保育料を小学校入学前まで無料化する。「新ふくい3人っ子応援プロジェクト」と銘打った施策の中の目玉で、経済的な理由で「3人目」を諦めないよう子育て世帯をバックアップする。若者の出会いや結婚を後押しする縁結び活動も積極的に進める。

 県は全国に先駆けて2006年度から、3歳未満の第3子以降を対象に保育料、病児保育、一時預かりを無料化する「3人っ子応援プロジェクト」を開始。今回は同プロジェクトを拡充し、対象を就学前まで広げた。保育料は公私立保育所と公立幼稚園が無料で、私立幼稚園のみ補助に限度額を設ける。

 県によると、富山、石川県、京都府が所得制限を設けた同様の制度を4月から始めるが、所得制限なしで就学前まで無料化するのは現在では福井県が全国で唯一という。

 県の試算では、対象となる世帯のうち最も多い所得区分(世帯年収470〜640万円)でみると、3歳から5歳まで保育所を利用した場合、平均保育料は月額約2万3千円。今回の支援拡充により、1世帯当たり年間約28万円が軽減される。

 財源は県と市町で折半する予定。県は15年度当初予算案で従来の3歳未満の支援のために2億4700万円を盛り込み、拡充分の経費3億5100万円は14年度補正予算案に計上した。

 あわら、若狭、おおい3市町は独自財源を投入して既に就学前の保育料を無料化しているが、今回の県の支援拡充により、市町の財政負担は減ることになる。

 一方、県は結婚支援にも力を入れる。少子化の背景にある未婚、晩婚化は県内でも進んでおり、25〜29歳の女性の未婚率は、1985年の19・1%から、2010年は55・4%と大幅に増えた。若い男女の出会いを仲介する「地域の縁結びさん」制度を企業に拡大し、5年間で100人を確保する。地域とのつながりが強い住職にも加わってもらう。




福井県は新年度から子育て支援や少子化対策に一層力を入れる。
4月から第3子以降の子どもの保育所・幼稚園の保育料を小学校入学前まで無料化する。
県は全国に先駆けて2006年度から、3歳未満の第3子以降を対象に保育料、病児保育、一時預かりを無料化する「3人っ子応援プロジェクト」を開始。
今回は同プロジェクトを拡充し、対象を就学前まで広げた。
共同通信の報道で知ったのですが、素晴らしいプロジェクトですね。
福井県の少子化対策が全国に広がると良いですね。



福井県、第3子以降は保育料無償 少子化対策で
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021601001383.html

福井県は人口減少や少子化の進行を止めるため、小学校入学前の第3子以降に掛かる幼稚園や保育所の保育料を無償化すると決めた。国の制度と違い、第1、2子の年齢に事実上かかわらない仕組みで、4月から導入する。県によると、富山県、京都府も所得制限を設けた同様の制度を4月から始めるが、所得を条件としていない福井県の取り組みは現在では全国で唯一という。

 福井県は16日発表した2014年度補正予算案に関連経費約3億5千万円を盛り込んだ。06年度から3歳未満の第3子以降を対象に無償化してきたが、子育て世帯支援のため制度を拡大した。病児保育や短時間の預かりサービスも対象。
2015/02/16 19:57 【共同通信】






共同通信公式 @kyodo_official
福井県、第3子以降は保育料無償 少子化対策で - 47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021601001383.html
ラベル:福井県
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック