2015年02月11日

コミックマーケットは大丈夫か? TPP交渉 著作権侵害は「非親告罪」で調整

コミックマーケットは大丈夫か? TPP交渉 著作権侵害は「非親告罪」で調整

TPP交渉 著作権侵害は「非親告罪」で調整
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150211/k10015379371000.html
2月11日 12時17分

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉で、各国は映画や音楽などについて著作権侵害があった場合に原則、作者などの告訴がなくても起訴できるようにする「非親告罪」とする方向で調整を進めていることが分かりました。
適用範囲について各国が判断できる余地を残す案が示されたことで、これまで慎重な姿勢だった日本も受け入れる方針です。          

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の知的財産を巡っては先月26日から今月1日にかけてニューヨークで開かれた首席交渉官会合の場で議論されました。
この分野では映画や音楽、書籍などの著作権の保護を巡って意見の対立が続いてきました。
特に著作権の侵害があった場合に作者など被害を受けた人の告訴がなくても起訴できるようにする「非親告罪」とすることを巡ってアメリカなどが賛成する一方、日本は国内でアニメや漫画などをアレンジした同人誌などの創作活動が取締りを受けるという懸念があることから慎重な姿勢をとってきました。
関係者によりますと、これまでの交渉で各国は営利目的などの場合の著作権侵害を原則、「非親告罪」とする方向で調整を進めていることが分かりました。
アメリカなどが柔軟な交渉姿勢を取り、適用範囲について各国が判断できる余地を残す案が示されたことで日本も受け入れる方針です。最も交渉が難航している知的財産の分野で各国が歩み寄る動きをみせていることで交渉全体の加速につながるかどうかが注目されています。


TPP知的財産.PNG



TPP交渉で、各国は映画や音楽などについて著作権侵害があった場合に原則、作者などの告訴がなくても起訴出来るようにする「非親告罪」とする方向で調整を進めていることが分かった。
適用範囲について各国が判断出来る余地を残す案が示されたことで、これまで慎重な姿勢だった日本も受け入れる方針。 
同人誌がなくなる恐れがある。
同人誌で稼いで来た方、TPPの非親告罪で仕事がなくなります。
オタク文化の「コミックマーケット(コミケ)」が危ない。
私のせがれもコミケには行っています。
若者よ、コミケで逮捕者続出する恐れがあるので、非親告罪に関して、この際、TPP全般に関して、反対の意見を送ろう。
TPPの締結を阻止しよう。



コミケで逮捕者続出!?著作権の非親告罪化とは?
http://blogos.com/article/102352/
記事 山田太郎 2014年12月28日 07:00

■著作権の非親告罪化
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)と聞くと、農産物関連の話題がクローズアップされることが多いですが、私が考えるTPPの危険な項目として、「著作権の非親告罪化」というものがあります。

もしも著作権がTPPにより「非親告罪」となると、表現の自由が非常に厳しい状態になります。日本最大のオタク文化の祭典である「コミケ」も、多くが取り締まりの対象になるでしょうし、そもそもそれ以前に「自主規制」を余儀なくされる事になるでしょう。著作権が非親告罪化されると、妬みなどを理由に、他のサークルを著作権法違反で捜査機関に告発することが可能になってしまうのです
■TPPに含まれる知的財産の取り扱い
TPPにはおよそ21分野の取り決めが含まれており、その一つに「知的財産」の取り扱いを規定した項目があります。上記の著作権の非親告罪などは、そこに規定されているのですが、実は著作権非親告罪化とセットで危険な規定が存在しています。

それは「法定損害賠償金算出方法」についての規定です。通常、損害賠償というのは、実際に損害と認められた金額を裁判で決め、それを賠償として支払うという制度です。しかし、法定損害賠償金が適用されると、著作権侵害などの損害賠償について、実際の損害を証明すること無く、懲罰的なものも含めて賠償金が決定されるというものです。つまり、損害を証明する必要が無いため「訴えやすく」、また訴えられた側は「多額の賠償金」を支払うことになる可能性があります。
■日本の文化とTPP
日本には元々「守破離」という言葉がある通り、素晴らしい物を「真似る」所から創作が始まるという考え方があります。しかし、TPPに規定されている知的財産の項目は、こうした考え方を真っ向から否定するものです。

著作権の非親告罪化と法定損害賠償金の取り決めが日本で適用されてしまった場合、今のマンガやアニメ、ゲームなどの業界はどうなるでしょうか。取り締まりの横行、国内での訴訟合戦、それを避けるための自主規制の連鎖…。こういったことが容易に想像できます。これでは日本の文化が目に見えて衰退していくことになるでしょう。このような事態は、絶対に避けなければなりません。
■国際条約の留保
TPPのような国際条約が締結された場合、仮にその国際条約と相反する内容の国内法が存在した場合でも、国際条約の方が優先されることになります。(日本国憲法で規定されています)

そこで、私が考えているのが、TPPにおける著作権の非親告罪化、及び法定損害賠償金についての「留保」です。条約の「留保」というのは、TPPのような多国間条約において、一部の適用を除外することを言います。

「表現の自由」という観点から考えても、TPPにおけるこれらの規定は、絶対に日本での適用を避けたいところです。日本の文化を守るため、まずはこの「留保」を国に迫っていこうと考えています。
■児童ポルノ禁止法や青少年健全育成基本法を巡る動き
それ以外にも2014年は児童ポルノ禁止法改正案の問題が大きく取り上げられました。マンガやアニメ・ゲームについて、その内容についての規制を検討するという条文が含まれていました。皆さんの反対もあり、最終的にはこの付則は落とされた形で可決されましたが、その直前までは予断を許さない状況だったことは皆さんも覚えていらっしゃると思います

2015年は青少年健全育成基本法が提出されそうです。昨年、既にこの法律は国会に提出されましたが、時間切れで廃案となっています。これは、皆さんもよくご存じの東京都の青少年健全育成条例などの根拠法となる法律で、マンガやアニメ・ゲームの販売などに対して、新たな規制が検討されることとなるでしょう。

2020年のオリンピックに向けて、”浄化”の名のもとに、マンガ・アニメ・ゲームに対する国の圧力は強まっていくばかりです。誰も被害を受けていない、誰にも迷惑をかけていないのであれば、こういったものは文化として不当に国から制約を受けるべきではないと考えています。

能や落語など庶民の娯楽が時の為政者の規制の対象となっていた事例は多くあります。その度に、それらを楽しんでいた人々が声を上げ、そして、文化として認められてきた歴史があります。私も、マンガやアニメ・ゲームを自由に書いたり、買ったり、出来る世の中を守っていきたいと思っています。
表現の自由に関する詳しい内容に関しては私が名誉顧問を務めるAFEEのサイトなどをご覧下さい
http://afee.jp




TPPに関する自民党へのご意見はこちら。

自民党HP
https://www.jimin.jp/

自民党へのご意見
https://ssl.jimin.jp/m/contact



同人誌がなくなる!?TPPにより著作権が非親告罪に!


山田正彦元農林水産大臣「TPP差し止め訴訟」について


TPP戦略の本当の狙いは世界統治だった。アメリカの市民団体のリーク情報


【三橋貴明】TPPで自動車の安全基準譲歩を要求!アメリカの日本侵略を可能にするTPPの本質


【金融ユダヤ】 TPPは植民地支配の罠 【NWO阻止】


【適菜収】 TPP知的分野合意へ! 12ヵ国著作権保護70年




ツイッターからの情報です。
TPPだけではなく、TiSA(ティサ)も危険らしいです。
TiSA(ティサ)に関しては、私は詳しくないので、調べてみます。






はぎの @hagino22
TiSA(ティサ)?こちらも危険です→http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11949052310.html … @hazukinotaboo 北京でのTPP閣僚会合、早期妥結に向けて重要=安倍首相 http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408457235.html … …




参考

「食糧はミサイル」TPP締結を阻止しよう〜札幌で山田正彦さん報告会
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413739608.html

著作権の保護期間、70年に延長へ TPP交渉でアメリカ基準に 早ければ3月にも全体での合意
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413479328.html

政府、豚肉関税50円に下げ提案 TPP日米協議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413352800.html

米国産コメ輸入5万トン増検討 TPP交渉、備蓄米で 当初、20万トン規模の拡大を主張の米国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413236885.html

TPP日米協議、14日再開 甘利氏「今春合意目指す」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412085033.html

TPP国有企業改革、年内決着も 難航分野に交渉期限
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409021534.html

TPP、来年2月の合意目指す 日米方針、交渉加速で一致
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408588378.html

TPP交渉、年内合意を断念 10日首脳会合で、来年の早期妥結目指す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408570145.html

北京でのTPP閣僚会合、早期妥結に向けて重要=安倍首相
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408457235.html

TPP 閣僚会合開幕 知財分野溝深く 日米、乳製品が新たな“火種”
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407748414.html

「ふざけるな」甘利大臣はフロマンに怒鳴り、机を叩いた…難航TPPは米中間選挙後に動くか、それとも「狼少年」か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406766225.html

首相、TPP「交渉脱退への言及は不適切」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406423815.html

知的財産、見えぬ妥結への道=大筋合意の障害に−TPP
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404986792.html

西川農相、TPP交渉の決着「早い方がいい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404882778.html

TPP非関税の効果試算へ 15年度予算1億円要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404466783.html

TPP交渉、日本が消極的な場合、日本除外も=市場開放要求−米下院140人
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403075968.html

TPP早期妥結へ連携 日メキシコ首脳会談
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402605144.html

TPP年内合意、事実上の目標に 高まる交渉機運
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/401229414.html

米農業界「日本を外せ」という声も!TPP対日協議に強まる反発!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/399537339.html

「本が棚からなくなる」 青空文庫、TPP交渉の著作権保護期間延長に危機感
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397741169.html

国民には秘密徹底 TPP交渉 守秘義務4年間
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397550458.html

米国、TPPで車の安全基準「選択制」要求 日本側は強く反発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/397316640.html

TPP交渉は米国が日本外しを示唆!農産品で譲歩しなければ、日本抜きもある!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/389742040.html

TPP交渉打開へ閣僚会談=甘利担当相、15日訪米
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/388495460.html

TPP「年内妥結」断念の裏側 やはり「日米交渉の不調」が影響?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/383154308.html

TPPで「地産地消」危うし 参入妨害の主張も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/381941315.htm




関連

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408634718.html


ラベル:TPP
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック