2015年02月11日

「政権批判の自粛は翼賛体制につながる」 識者ら1200人が声明発表

「政権批判の自粛は翼賛体制につながる」 識者ら1200人が声明発表
http://www.j-cast.com/2015/02/10227523.html
2015/2/10 14:39

イスラム国の人質事件を受けて政権批判の自粛が広がっているとして、ジャーナリストや学者らが2015年2月9日、東京都内で会見を開いて「翼賛体制の構築に抗する」とする声明を出した。

名を連ねたのは、社会学者の宮台真司さん、作家平野啓一郎さんら1200人で、NHKディレクターや新聞記者も加わっている。参加者らは会見で、政府が批判される社会が健全であり、批判を控えることは翼賛体制につながると主張した。声明でも、戦時中は物言えぬ空気によって破滅へ向かった、と訴えている。




ISISの人質事件を受けて政権批判の自粛が広がっているとして、ジャーナリストや学者らが2015年2月9日、東京都内で会見を開いて「翼賛体制の構築に抗する」とする声明を出した。
声明でも、戦時中は物言えぬ空気によって破滅へ向かった、と訴えている。
こういう時だから、政権批判すべきです。
政権批判の自粛は、政府ご用達の読売新聞の報道と安倍政権擁護の産経新聞の報道を見ていれば分かる。
日刊サイゾー系列のリテラや日刊ゲンダイ(ゲンダイネット)では、政権批判を繰り返している。
NHKも同罪でしょう。
世論調査は酷い結果でした。



宮台真司さんがRT



斉羽 @bianconoce
<#videonewscom> 

【 ピーター・バラカン@pbarakan 氏】
http://www.videonews.com/marugeki-talk/721/ … 

欧米人の私から見ると、人質事件は完全に安倍さんに責任がある 

@tjimbo @miyadai @iwakamiyasumi @tim1134
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック