2015年02月06日

朝鮮人追悼碑をめぐる訴訟、群馬県が争う姿勢

朝鮮人追悼碑をめぐる訴訟、群馬県が争う姿勢
http://www.sankei.com/life/news/150204/lif1502040044-n1.html
2015.2.4 22:23

群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」の朝鮮人追悼碑をめぐり、碑の設置者「追悼碑を守る会」が県を相手取り、設置更新の不許可処分の取り消しなどを求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日、前橋地裁(大野和明裁判長)で開かれた。県側は争う姿勢を示し、請求の棄却を求めた。

 県は昨年7月、守る会が許可条件に違反して政治的な活動を重ねたとして更新を認めない決定をしていた。


朝鮮人追悼碑.PNG



朝鮮人追悼碑を巡り、碑の設置者「追悼碑を守る会」が群馬県を相手取り、設置更新の不許可処分の取り消しなどを求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日、前橋地裁(大野和明裁判長)で開かれた。
群馬県側は争う姿勢を示し、請求の棄却を求めた。
朝鮮人犠牲者の追悼碑は、2004年、県から10年間の設置許可を得て市民団体「群馬県朝鮮人・韓国人強制連行犠牲者追悼碑を建てる会」が建立。
期限が過ぎています。
県側が争うのは当然。
嘘つきの在日朝鮮人。




参考

朝鮮人追悼碑めぐり「追悼碑を守る会」が群馬県を提訴 「設置更新不許可は表現の自由を侵害」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408848820.html

群馬の朝鮮人追悼碑の更新不許可、「守る会」が取り消し求め10月にも提訴へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402814184.html

朝鮮人追悼碑撤去、きっかけは抗議・批判 群馬県
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402299562.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック