2015年02月02日

参院選の票不正操作、高松市前幹部2人に有罪

参院選の票不正操作、高松市前幹部2人に有罪

参院選の票不正操作、高松市前幹部2人に有罪
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150202-OYT1T50067.html?from=ytop_ylist
2015年02月02日 15時20分

2013年7月の参院選を巡る高松市選挙管理委員会の票不正操作事件で、白票を水増ししたなどとして公職選挙法違反(投票増減)に問われた市の前税務部長・大嶋康民(61)(定年退職)、前消防局次長・山下光(56)(懲戒免職)両被告に対し、高松地裁(野村賢(まさる)裁判長)は2日、いずれも懲役1年、執行猶予4年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

 判決では、2人は比例選の開票作業中、票が不足していると誤認。前選管事務局長・山地利文被告(59)(公判中、懲戒免職)と共謀し、白票を二重集計して329票水増しした。その後、当選した自民党の衛藤晟一(えとうせいいち)・首相補佐官の312票を見つけたが、集計しなかった。

 この事件は、衛藤氏の高松市での得票が「0」だったことから発覚。6人が起訴され、票の保管箱を開けて不正の隠蔽工作をした前市選管職員3人(いずれも懲戒免職)の有罪判決が既に確定している。




2013年7月の参院選を巡る高松市選挙管理委員会の票不正操作事件で、白票を水増ししたなどとして公職選挙法違反(投票増減)に問われた市の前税務部長・大嶋康民(61)(定年退職)、前消防局次長・山下光(56)(懲戒免職)両被告に対し、高松地裁(野村賢(まさる)裁判長)は2日、いずれも懲役1年、執行猶予4年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。
この事件は、自民党の衛藤晟一氏の高松市での得票が「0」だったことから発覚。
6人が起訴され、票の保管箱を開けて不正の隠蔽工作をした前市選管職員3人(いずれも懲戒免職)の有罪判決が既に確定している。
高松市での得票が「0」とは有り得ないですからね。
公職選挙法違反で執行猶予付きの有罪の判決です。



参院選開票で白票水増し、隠ぺい 香川・高松市の職員ら6人起訴
ラベル:高松地裁
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック