2015年02月01日

後藤健二さん「憎むは人の業にあらず...」 紛争地の人々に寄り添い続けた日々

後藤健二さん「憎むは人の業にあらず...」 紛争地の人々に寄り添い続けた日々
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/31/goto-kenji-the-journalist_n_6587580.html?utm_hp_ref=japan
The Huffington Post 投稿日: 2015年02月01日 12時00分 JST

2月1日、過激派組織「イスラム国」が、ジャーナリスト・後藤健二さんを殺害したと見られる動画を公開した。政府も動画の信ぴょう性は高いとみている

後藤さんは、どんなジャーナリストなのか。

ホームページによれば、後藤さんは1967年生まれ。映像制作会社を経て、1996年、ジャーナリストとして独立。「戦争・紛争」「難民」「貧困」「エイズ」「子どもの教育」をテーマに世界各地で取材を重ねた。

また映像だけでなく、紛争地域の子供や家族をテーマにした『ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白』『もしも学校に行けたら―アフガニスタンの少女・マリアムの物語』『ルワンダの祈り―内戦を生きのびた家族の物語』といった著書も出版している。

「(現場の人たちに)寄り添うことが一番大事」と講演の際、語った後藤さんは、紛争地域の人々に語りかける取材動画も多く撮影。2014年7月、自身のブログで、若くして命を落とした紛争地域の友人たちについて、こう語った。

なぜ、彼らは死ななくてはならなかったのか?希望の光射す未来と無限の才能を持っていたのに。これから好きな女性ができて、結婚して、子どもを産み、家族を持てる十分な機会があったはずなのに。戦いに疲れ果てた人たちは口々に言う。「死んだ者は幸いだ。もう苦しむ必要はなく、安らかに眠れる。生きている方がよっぽど悲惨で苦しい」と。皮肉だが、本音だ。彼らは兵士でも戦場を取材するジャーナリストでもなかった。外国人と交流して異文化を味わうことを楽しみ、すべての時間を市民のために自分のできることに費やし、自分で思考錯誤しながら技術と得意分野を真っすぐに成長させて行った。


It means “Lost Age” really. これこそ本当に「失われた世代」だ | INDEPENDENT PRESS 2014/07/11)

シリア取材に際しては、「自分の身に何かが起こってもシリアの人たちを恨みませんし、早く内戦が終わって欲しいと思っています」と動画に残した。

後藤さんが投稿したツイートを引用する。





後藤健二 @kenjigotoip
目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。−そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった。





後藤健二 @kenjigotoip
そう、取材現場に涙はいらない。ただ、ありのままを克明に記録し、人の愚かさや醜さ、理不尽さ、悲哀、命の危機を伝えることが使命だ。でも、つらいものはつらい。胸が締め付けられる。声に出して、自分に言い聞かせないとやってられない。





後藤健二 @kenjigotoip
チュニジア−革命で「ゼロ」になったところから、衝突しながらも徐々に社会システムが整備されつつある。誰もが主役であり、自らの足で全く価値観の異なってしまった新しい社会で声を発している。この生命力。この自決力。「将来きっとより良い生活ができる」と自信を持って語れる所以だな。





後藤健二 @kenjigotoip
チュニジアにて。センサーシップ(検閲)の始まりのようです。「国家体制を守るため」と「市民生活を守るため」という理由はその時々によって変わっても、実際にやっていることは変わらない。無意識な権力が恐ろしい。 @masason @uesugitakashi





後藤健二 @kenjigotoip
世界市場では、待っていても何も起こらない。最初の一歩は自らが踏み出さないと。この日本国では、待っていたらこのザマなのですから。子どもを大事にしない政府や国に未来なし。





後藤健二 @kenjigotoip
はじめまして。僕たちも大きな地図というか地球儀を作ろうとしているんですよ。親しい者同士かは全くわかりませんが、地球という星の上に自分が居て、彼らもいる-そのことを知るきっかけになってくれると思います。





後藤健二 @kenjigotoip
今日も世界は動いているのに。


後藤健二さん.PNG



後藤健二さんは、紛争地域の子供や家族をテーマにした「ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白」「もしも学校に行けたら―アフガニスタンの少女・マリアムの物語」「ルワンダの祈り―内戦を生きのびた家族の物語」といった著書も出版している。
「(現場の人たちに)寄り添うことが一番大事」と講演の際、語った後藤さんは、紛争地域の人々に語りかける取材動画も多く撮影。
ハフポスト日本版の報道で気付いたのですが、毎日新聞が報道したニュースに引用された後藤さんのツイートは過去のツイートだったようですね。
毎日新聞のリンクを辿ると「ツイートがない(エラー)」になったので、削除されたのかと思いました。
多分、ハフポスト日本版で紹介しているツイートの中に毎日新聞が取り上げたツイートがある筈です。
「アラブの兄弟たちだった。」「取材に涙はいらない」という呟きが毎日新聞で取り上げたツイートのようです。



後藤健二さんツイート.PNG
後藤健二さんツイート1.PNG



朝日新聞の安江塁の関連リンク

イスラム過激派に湯川遥菜氏の情報を提供した朝日新聞のジャーナリスト安江塁がブログで謝罪
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404229363.html

イスラム過激組織、スパイ扱い=「悲劇的な結末」と投稿−千葉の湯川さんか・シリア
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403928137.html




参考

「もっと早くから捜査すべきだった」 人質殺害で捜査本部設置に疑問も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413347244.html

[イスラム国殺害脅迫] 後藤健二さん 注目集まる過去のツイート
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413337510.html

[イスラム国殺害脅迫] ジャーナリスト団体「彼らの犠牲、最後に」国際ジャーナリスト団体も非難声明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413336081.html

[イスラム国殺害脅迫] 新映像のメッセージ全文
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413327868.html

[イスラム国殺害脅迫] 警視庁と千葉県警が合同捜査本部 「殺害の可能性高い」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413321415.html

[イスラム国殺害脅迫] 後藤さん殺害か 「イスラム国」がネットに映像公開
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413320111.html

「イスラム国」よ、後藤さんを解放せよ 「首相責任論」「自己責任論」の愚かさ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413302773.html

[焚書] イスラム国は図書館の本を焼いた
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413300992.html

「I AM HARUNA!」見殺しにされた湯川遥菜さんの存在を無視するな!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413238199.html

後藤健二さん解放なるか 交渉期限は午後11時半ごろ イスラム国関係者とみられるアカウント「すべてのニュースは間違い。イスラム国の正式発表を待て」とツイート
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413173562.html

[イスラム国邦人人質] 最初の映像、合成ではない…警察庁科警研が分析
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413106047.html

ヒゲの隊長 邦人拘束で国民VS政府の構図化に釘さす
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412969687.html

人質事件の対応評価60% 世論調査、内閣支持率横ばい(共同通信)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412954692.html

[イスラム国殺害予告] 殺害警告期限は23日午後=菅長官
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412722941.html

[イスラム国殺害予告] [新華通信] イスラム国、拉致者が2億ドルの身代金を要求、安倍首相が中東訪問に代償を払う
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412715459.html

[イスラム国殺害予告] 「72時間」起点はいつ? 撮影時かネット公開時か、政府に戸惑い
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412701435.html

[イスラム国殺害予告] 首相官邸警備を強化=動画声明名指しで−日本標的テロ警戒・警視庁
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412686211.html

[イスラム国殺害予告] 人質の日本人、表情を変えず 「イスラム国」の動画
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412685078.html

[イスラム国殺害予告] 首相、対イスラム国に積極関与を表明 ヨルダンに120億円支援
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412683880.html




関連

家族への謝罪要求、経歴暴露…イスラム国事件で後藤さんを攻撃する“クズ”たち
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413349765.html

「ISILは『アラブの山賊』と呼べばいい」 黒鉄ヒロシのテレビ発言が話題に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413343269.html

田母神氏、ネット情報うのみ? 「人質事件」事件で不確かな情報連発
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413229068.html

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 「報ステ」のISIL特集みてびっくり 「テロの一面に理解を寄せた」印象だ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413156428.html

佐藤優氏「『イスラム国』に交渉の意思ない」 人質事件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/413107431.html

「自己責任論」で中世に退行する日本(古谷経衡氏)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412949003.html

[NET TV ニュース.報道] 国家非常事態対策委員会 2015 0123 ISIS 人質事件は芝居劇(ベンジャミン・フルフォード)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412879238.html

“殺害期限”をカウント? フジ「めざましテレビ」に非難の声
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412834771.html

[イスラム国殺害予告] 作家・平野啓一郎「自己責任論」に違和感 「突き放してしまう冷たさなんなのか
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412811353.html

山本太郎、仰天のツイート「2億ドルの支援を中止して下さい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412778551.html
ラベル:シリア
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック