2015年01月30日

米教科書「マグロウヒル」の慰安婦記述に首相「がくぜんとした」

米教科書「マグロウヒル」の慰安婦記述に首相「がくぜんとした」

米教科書の慰安婦記述に首相「がくぜんとした」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150130-OYT1T50021.html?from=ytop_main8
2015年01月30日 08時11分

安倍首相は29日の衆院予算委員会で、米国の公立高校向けの世界史教科書のいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる記述について、「本当にがくぜんとした。訂正すべき点を国際社会に向かって訂正してこなかった結果、このような教科書が使われている」と述べ、今後、日本として積極的に正確な情報の発信に努めていく考えを強調した。

 問題の教科書は、米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ニューヨーク)が出版した。慰安婦問題について、「日本軍が最大20万人にも及ぶ14〜20歳の女性を強制的に募集した」「日本軍は天皇からの賜物(たまもの)であるとして、女性を提供した」――などの記述がある。

 首相は「国際社会はつつましくしていることによって評価されることはない。主張すべき点はしっかり主張していく」と語った。質問した自民党の稲田政調会長も、「過去の問題ではない。米国にいる日本人の子どもの人権が侵害されている」と主張した。

 外務省は2014年11月、問題の教科書がカリフォルニア州の一部地域で推薦の指定を受け、実際に使われていることを確認。ニューヨーク総領事館を通じて、同社と執筆者に訂正を申し入れた。同省によると、これまで明確な回答はないという。


安倍首相・中東1.PNG
米大手教育出版社「マグロウヒル」.PNG



安倍首相は29日の衆院予算委員会で、米国の公立高校向けの世界史教科書の慰安婦問題を巡る記述について、「本当にがくぜんとした。訂正すべき点を国際社会に向かって訂正してこなかった結果、このような教科書が使われている」と述べ、今後、日本として積極的に正確な情報の発信に努めていく考えを強調した。
マグロウヒルの教科書について触れないのが、慰安婦問題を反省してない朝日新聞です。
産経新聞では、「カリフォルニア以外の4州でも使用の可能性」と27日に報道しています。
「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた」という虚偽内容は許されない。



慰安婦「女性20万人を強制的に募集・徴用」記述の米教科書、カリフォルニア以外の4州でも使用の可能性
http://www.sankei.com/politics/news/150127/plt1501270010-n1.html
2015.1.27 11:35

外務省は27日、米カリフォルニア州ロサンゼルス市などの公立高校で使用されている世界史の教科書に史実と異なる慰安婦の記述がなされている問題で、テネシー、ジョージアなどカリフォルニア以外の4州でもこの教科書が候補リストに入っていることを明らかにした。同日午前の自民党「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」(委員長・中曽根弘文元外相)の会合で担当者が説明した。

 問題となっている米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ニューヨーク)の教科書「伝統と交流」を採択候補リストに入れているのは、テネシー、ジョージアのほか、ノースカロライナ、フロリダの計4州。実際にどれくらいの学校が使用しているかは不明だ。

 カリフォルニア州のように州がリストを作成せず、各学校区や各学校が独自に教科書を採択しているケースもある。そのため、同省は会合で「4州以外でも使用されている可能性が高い」との見方を示した。

 「伝統と交流」は、先の大戦を扱った章で「日本軍は14〜20歳の約20万人の女性を慰安所で働かせるために強制的に募集、徴用した」「逃げようとして殺害された慰安婦もいた」などと、強制連行があったかのように記述されている。「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた」と明白な虚偽内容も含まれている。




参考

マグロウヒル出版の米教科書に慰安婦めぐる記述…外務省、訂正要請
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409192671.html

米教科書に「強制連行」「20万人の日本軍慰安婦」 LA公立高校
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408242298.html




関連

米出版社、日本からの慰安婦記述是正要求を拒否 マグロウヒルか?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/412355304.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック