2015年01月14日

1865年創業の老舗蒲鉾店「むぎや蒲鉾」 2億負債で事業停止 婚礼関係受注が伸び悩み

1865年創業の老舗蒲鉾店「むぎや蒲鉾」 2億負債で事業停止 婚礼関係受注が伸び悩み

1865年創業の老舗蒲鉾店2億負債で事業停止
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150114-OYT1T50093.html?from=ytop_main6
2015年01月14日 17時26分

信用調査会社「帝国データバンク」福井支店は13日、水産練製品製造会社「むぎや蒲鉾」(福井市高柳)が同日付で事業停止したと発表した。

 負債は2億円の見込み。

 同社は1865年創業の老舗で、ちくわや揚げ物など約150種類の練り物を製造。贈答用としても注目され、1999年6月期には1億7000万円を売り上げていた。

 だが、得意先からの受注が減り、2014年8月期には売上高が1億円に低迷。同年11月には当時の代表が亡くなるなど経営環境が悪化していた。




信用調査会社「帝国データバンク」福井支店は13日、水産練製品製造会社「むぎや蒲鉾」(福井市高柳)が同日付で事業停止したと発表した。
負債は2億円の見込み。
福井新聞の報道によると「婚礼関係の受注が伸び悩み、鮮魚店や食品小売業者からの受注も減少。2014年8月期には売上高は約1億円にまで落ち込んでいたという。」とのこと。
こちらは帝国データバンク福井支店の情報なので、帝国データバンクの大型倒産速報とはなっていません。



創業150年むぎや蒲鉾が事業停止 婚礼関係受注が伸び悩み
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/economics/61896.html
(2015年1月14日午前7時20分)

帝国データバンク福井支店によると、水産練り製品製造のむぎや蒲鉾(かまぼこ)(本社福井県福井市高柳1丁目、木ノ下康一社長)は13日に事業を停止、事後処理を担当弁護士に一任した。同支店によると、負債は約2億円と推定される。

 同社は1865年の創業。蒲鉾やちくわを中心に、揚げ物類も幅広く手掛けた。婚礼ギフトや県産コシヒカリをつなぎに用いたさつま揚げなどアイデア商品を数多く生み出した。商品数は150を超え、近年では1999年6月期に売上高約1億7千万円を計上していた。

 しかし婚礼関係の受注が伸び悩み、鮮魚店や食品小売業者からの受注も減少。2014年8月期には売上高は約1億円にまで落ち込んでいたという。同年11月に当時の社長が死去したこともあり、事業を停止したとみられる。



帝国データバンク 福井支店(地図)
https://www.tdb.co.jp/corp/39map_fukui.html


株式会社 帝国データバンク
http://www.tdb.co.jp/index.html
ラベル:むぎや蒲鉾
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック