2015年01月05日

中国海洋情報センター、尖閣領有権のアピールサイト立ち上げ=中国人専門家「もっと早く開設すべきだった」「安倍政権の野心を世界中に暴露」

中国海洋情報センター、尖閣領有権のアピールサイト立ち上げ=中国人専門家「もっと早く開設すべきだった」「安倍政権の野心を世界中に暴露」
http://www.recordchina.co.jp/a100112.html
配信日時:2015年1月5日 13時9分

2015年1月5日、環球時報(電子版)によると、中国国防大学戦略研究部の梁芳(リアン・ファン)教授は、中国国家海洋情報センターが先月30日、尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権を主張するためのサイトを立ち上げたことについて、「もっと早くに開設すべきだった」と語った。

【そのほかの写真】

「釣魚島――中国の固有の領土」と名付けられたサイトでは、中国政府の基本的な立場を説明しているほか、尖閣諸島の領有権を主張するための写真や動画、史料、地図などが掲載されている。中国語サイトが先行して開設され、日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、アラビア語なども追って公開される。

梁氏は同サイトについて、「中国はもっと早くにこのようなサイトを立ち上げるべきだった」とした上で、「釣魚島がいつ中国に編入され、いつ日本に侵略・占領され、いつ米国によって日本の所轄とされたのかを世界中の人々に明確に伝える必要がある」と指摘。

また「このサイトを通じて、釣魚島問題をはじめ、集団的自衛権の行使容認や平和憲法の改正、武器輸出三原則の見直しなど、日本の極右政権の戦略的野心を明らかにしなければならない」とも語った。(翻訳・編集/NY)


中国が尖閣諸島領有権主張サイトを開設.PNG



環球時報(電子版)によると、中国国防大学戦略研究部の梁芳(リアン・ファン)教授は、中国国家海洋情報センターが先月30日、尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権を主張するためのサイトを立ち上げたことについて、「もっと早くに開設すべきだった」と語った。
「釣魚島――中国の固有の領土」と名付けられたサイトでは、中国政府の基本的な立場を説明している他、尖閣諸島の領有権を主張する為の写真や動画、史料、地図などが掲載されている。
調子に乗っていますね。
中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、1970年頃のことです。
日本が侵略・占領してない。
尖閣諸島は日本固有の領土です。



中国が尖閣諸島領有権主張サイトを開設、日韓はどのように広報活動を行っているのか―香港紙
http://www.recordchina.co.jp/a100003.html
配信日時:2015年1月2日 22時0分

2015年1月1日、大公網によると、中国国家海洋情報センターは30日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張するための専門サイトの運営を開始した。

【そのほかの写真】

サイトには中国の国旗と、「中国固有の領土」という見出しが掲げられている。また、「自然環境」、「歴史的根拠」、「文献資料」、「法律文書」、「論文著作」、「ニュース動態」、「動画資料」などの項目がある。

トップページでは島についての中国の基本的な立場を4項目に列挙している。1403年の文献を最初の根拠としており、このほかにも1561年に作成された万里海防図を地図による証拠としている。中国の在外公館のウェブサイトにも、「釣魚島問題」に関する資料が掲載されており、中国政府の立場を知ることができる。

韓国も8月に竹島(韓国名・独島)の領有権を主張するサイトを開設し、「独島は韓国の領土である」と訴えている。歴史的資料のほか、15項目のQ&Aで、外務省ウェブサイトに掲載されている日本の主張内容などに反論している。

日本では類似のサイトは開設されておらず、外交関連のサイトに広報用のPDFファイルが掲載されているのみ。その一方で、沖縄県などでは「尖閣諸島開拓の日」を定めるなど、独自の広報が行われている。(翻訳・編集/岡本悠馬)



中国が尖閣諸島のサイトを開設、トップページに中国国旗を配し領有権主張の宣伝を強化か―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/a99945.html
配信日時:2014年12月31日 8時28分

2014年12月30日、中国国営新華社通信の報道によると、国家海洋局直属の「国家海洋情報センター」が沖縄県の尖閣諸島の特別サイトを正式に開設した。

【そのほかの写真】

新華社通信は30日、「国家海洋情報センター」が尖閣諸島(中国名・釣魚島)の特別サイトを正式に開設したと報じた。トップページに中国の国旗を配したサイトでは、尖閣諸島についての中国政府の基本的な立場を説明しているほか、尖閣諸島の領有権を主張するための史料や地図などが掲載されている。

2012年9月に日本政府が尖閣諸島を国有化して以降、中国は領有権を主張する宣伝を強化してきている。報道によると、近いうちに英語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、アラビア語のサイトも開設する予定だという。(翻訳・編集/Yasuda)



【尖閣問題】安心して尖閣諸島が日本のものだと確信できる動画
ラベル:尖閣諸島
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック