2014年12月29日

初日の出「ほぼ日本一」千葉県銚子市と1分違いの神栖市がPR

初日の出「ほぼ日本一」千葉県銚子市と1分違いの神栖市がPR

初日の出時刻「ほぼ日本一」 神栖市がPR
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14197770784265
2014年12月29日(月)

犬吠埼と1分違い

ほぼ日本一の初日の出を味わって-。初日の出の時刻が平地で日本一早い千葉県銚子市に隣接する神栖市は、初日の出が見える時刻が銚子市とわずか約1分違いであることを、広報誌などでPRしている。市市民協働課は「見られる時刻がほぼ日本一早いだけでなく、他にはない多彩な風景の中で初日の出が見られる。ぜひ神栖で新年を迎えてほしい」と来訪を呼び掛けている。

国立天文台によると、高地や離島を除けば、北海道、本州、四国、九州の平地で最も早く日の出が見られるのは銚子市の犬吠埼。来年1月1日は「午前6時46分」。

これに対し、神栖市は「午前6時47分」。1分違いで「ほぼ日本一」だ。

この「ほぼ日本一早い初日の出」をやや早く見られるスポットが、鹿島港そばに立つ同市東深芝の高さ52メートルを誇る港公園展望塔。1月1日は午前6時から特別開館を実施する。

コンビナートの工場群と太平洋の大パノラマとともに初日の出が見られる。定員は先着30人で、入館料は大人200円、子ども100円。

本県の最東南端の同市には、このほか、大漁旗を掲げた漁船が並び、ウミネコが集まる波崎漁港や、風力発電の白い風車が立ち並ぶ海岸線など、絶好の初日の出スポットがそろう。

同課は「自分好みのシチュエーションを選んで元旦の朝を楽しんでほしい」としている。     (三次豪)


神栖市波崎.PNG
神栖市波崎



初日の出の時刻が平地で日本一早い千葉県銚子市に隣接する茨城県神栖市は、初日の出が見える時刻が銚子市と僅か約1分違いであることを、広報誌などでPRしている。
国立天文台によると、高地や離島を除けば、北海道、本州、四国、九州の平地で最も早く日の出が見られるのは銚子市の犬吠埼。来年1月1日は「午前6時46分」。
神栖市は「午前6時47分」。
1分違いで「ほぼ日本一」。
我が家は昔、九十九里浜まで初日の出を見に行っていたことがありますが、銚子市へ行く道は混んでいたと思います。
皆さん、銚子市で初日の出を見たいのでしょうね。
神栖市がPRしたことで、神栖市の初日の出も混み合うかも知れませんが、銚子市で初日の出を見るより空いていて楽かと思います。
朝早く起きておなかも減るので車の中で肉まんでも食べながら、初日の出を見に行くのもありかと思います。



神栖市HP
http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/
ラベル:神栖市
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック