2014年12月28日

[総合戦略] 人口1億人維持へのビジョンと戦略、正式決定

[総合戦略] 人口1億人維持へのビジョンと戦略、正式決定

人口1億人維持へのビジョンと戦略、正式決定
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141227-OYT1T50079.html?from=ytop_ylist
2014年12月27日 21時32分

政府は27日の臨時閣議で、地方創生の方針や人口減対策を盛り込んだ「長期ビジョン」と、2020年までの数値目標を示した「総合戦略」を正式決定した。

 目標とする「50年後に1億人程度の人口維持」実現に向け、国と地方の取り組みが本格的に動き出す。

 総合戦略は「東京圏への転入超過を解消する」ことを当面の目標に、地方への企業移転を促す税制優遇、農林水産業の成長産業化などにより地方で若者の雇用を30万人創出するとした。東京圏転入を13年比で年6万人減少させ、転出を4万人増やすことも目指す。

 長期ビジョンでは、若い世代が希望通りに結婚・出産できれば、合計特殊出生率(13年は1・43)は1・8程度に上昇するとした。30〜40年頃に人口が一定となる「人口置換水準」の2・07まで出生率を回復させれば、60年には1億人程度の人口を維持できるとした。


安倍首相、他2.PNG



「地方版総合戦略」に関する記事を書いた訳ですが、昨日、27日の読売新聞に答えは出ていますね。
政府は27日の臨時閣議で、地方創生の方針や人口減対策を盛り込んだ「長期ビジョン」と、2020年までの数値目標を示した「総合戦略」を正式決定した。
総合戦略って聞いたことがあると思ったら、今年の夏に「総合戦略を策定」の報道があり、記事を書いていました。
東京圏転入を13年比で年6万人減少させ、転出を4万人増やすことも目指す。
若い世代が希望通りに結婚・出産出来れば、合計特殊出生率(13年は1.43)は1.8程度に上昇するとした。
若者が夢や希望がない世の中でニートや非正規雇用の人々がいるのに、地方に行けば雇用があり結婚が出来るとは思えないです。
引っ掛かるのは人口1億の維持の為に外国人に頼ること。
移民だけは勘弁して欲しいものです。



地方創生実現に向け総合戦略を閣議決定


【地方創生】自民税調が税制面から後押しへ(井筒和幸)




参考

東京圏から転出4万人増の目標 総合戦略で明記、若者雇用
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411411524.html

「50年後に人口1億人」維持へ 政府、総合戦略を策定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404467902.html




関連

地方に本社機能移転した企業、減税する方針 政府・与党
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411322064.html

地方就職に奨学金の返還減免 15年度に制度
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/411309541.html
ラベル:総合戦略
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック