2014年12月26日

来日芸能人にも消費税、招いた業者に納付義務

来日芸能人にも消費税、招いた業者に納付義務
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141226-OYT1T50064.html?from=ytop_main4
2014年12月26日 15時37分

外国人のスポーツ選手やタレントなどが来日して稼いだ報酬や賞金にかかる消費税について、政府・与党は2016年4月から、招いた国内のイベント業者などに対し、本人に代わって納税を義務づける方針を固めた。

 自民、公明両党が30日にまとめる15年度税制改正大綱に盛り込む。

 スポーツや芸能関連の活動をした外国人も、報酬や賞金などに対し8%の消費税がかかり、自分で納税申告しなくてはならない。実際には短期の滞在で帰国するため、申告しないケースが多いとみられる。

 税務当局が海外に出向いて調査するのも難しい。このため、外国人と契約して報酬や賞金を支払ったイベント業者などに、納税義務を代わりに負わせるよう消費税法など関連法を改正する。


反日女優アンジェリーナ・ジョリー.PNG
Lady GaGa シースルー.PNG
安重根記念事業会に5000万ウォン寄付した東方神起.PNG



外国人のスポーツ選手やタレントなどが来日して稼いだ報酬や賞金に掛かる消費税について、政府・与党は2016年4月から、招いた国内のイベント業者などに対し、本人に代わって納税を義務づける方針を固めた。
実際には短期の滞在で帰国する為、申告しないケースが多いとみられる。
この為、外国人と契約して報酬や賞金を支払ったイベント業者などに、納税義務を代わりに負わせるよう消費税法など関連法を改正する。
反日女優のアンジェリーナ・ジョリー、やたらと来日するイルミナティのサタニストのレディー・ガガも対象。
反日映画が多い、ハリウッド俳優と女優も対象。
反日K-POP、反日韓流スター、中国の抗日ドラマに出演している俳優も対象。
ラベル:消費税
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック