2014年12月24日

中国調査船、日本のEEZ内で海中に物体投入

中国調査船、日本のEEZ内で海中に物体投入

中国調査船、日本のEEZ内で海中に物体投入
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141223-OYT1T50067.html
2014年12月23日 20時24分

第11管区海上保安本部(那覇市)によると、23日午後5時51分頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・大正島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船「海大号」が何らかの物体を海中に投入するのを海上保安庁の巡視船が確認した。

 巡視船が「同意のない調査活動は認められない」と中止を求めたところ、同6時5分頃に物体を引き揚げた。




第11管区海上保安本部(那覇市)によると、23日午後5時51分頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・大正島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船「海大号」が何らかの物体を海中に投入するのを海上保安庁の巡視船が確認した。
中国は尖閣諸島は中国のものと勘違いしていますからね。
尖閣諸島・大正島沖のEEZ内で海中に物体を投入して、海洋調査するつもりだったのでしょう。
中国が領有権を主張し始めたのは、1970年以降。
海洋調査とみられる活動は以前からありました。



中国船がEEZ内で無断海洋調査か、政府抗議
ラベル:尖閣諸島
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック