2014年12月17日

在日も参加出来る民主党代表選は1月18日投開票 方針決まる

在日も参加出来る民主党代表選は1月18日投開票 方針決まる

民主党代表選は1月18日投開票 方針決まる
http://www.sankei.com/politics/news/141217/plt1412170019-n1.html
2014.12.17 14:44

民主党は17日の常任幹事会で、海江田万里氏の代表辞任に伴う党代表選の日程を来年1月7日告示、同18日投開票とする方針を決めた。



【民主党代表選】
細野氏が出馬へ
http://www.sankei.com/politics/news/141217/plt1412170017-n1.html
2014.12.17 13:01

民主党の細野豪志元幹事長は17日、来年1月に行われる見通しの党代表選に立候補する意向を固めた。立候補に必要な20人の推薦人の確保にめどが立った。関係者が明らかにした。

 細野派(自誓会)には現在11人が所属している。細野派は海江田万里代表が辞任を表明した15日から連日、会合を開催。他のグループでも細野氏を推す声が出ている。

 民主党は17日午後に両院議員総会を開催し、党員・サポーターが参加する形で代表選を実施することを決める見通し。代表選をめぐっては、岡田克也代表代行を推す動きがあるほか、前原誠司元外相の名前も浮上している。



【民主党代表選】
岡田、細野両勢力の工作活発化 来年1月、党員・サポーター投票含め実施へ
http://www.sankei.com/politics/news/141216/plt1412160057-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/141216/plt1412160057-n2.html
2014.12.16 21:17

民主党は16日、党本部で常任幹事会を開き、海江田万里氏の代表辞任に伴う代表選について、年内の実施を見送り、来年1月に召集予定の通常国会前に党員・サポーターも投票する正式な形で行う方針を決めた。17日の両院議員総会で正式決定する。代表選は、野党再編に積極的な細野豪志元幹事長と、党の自主再建に軸足を置く岡田克也代表代行をそれぞれ推す勢力が中心になって、多数派工作が活発化してきた。

 執行部は当初、首相指名選挙を行う24日召集の特別国会をにらみ、早急に代表選を行うことを検討。特別国会に間に合わなくても、年内には新代表を選出する方向で調整していた。ただ、党員・サポーターの投票は準備に時間がかかるため、年内に代表選を実施すれば、国会議員と地方議員だけの投票となる。

 これに難色を示していたのが細野氏サイドだ。細野氏側には、地方での細野人気は高いとみて、党員・サポーター票を含めるべきだとの意見が多かった。細野氏自身、15日夜に都内で開いた細野派(自誓会)の会合で「民主党は地方の意見をもっと大事にすべきだ」と語っていた。

逆に、岡田氏周辺には執行部寄りの議員が多く、年内実施論が目立った。そこには、短期決戦で国会議員票を固めたほうが、得策との思惑もちらついていた。

 代表選日程や方法をめぐっては、細野、岡田両氏を推す議員らから働きかけが続いてきたが、党員・サポーター投票も実施すべきだとの声が徐々に広がった。議員だけの投票を強行すれば、党が分裂含みになりかねない。常任幹事会では、党員・サポーター投票を行うことに岡田氏側も含め、異論はほとんど出なかった。

 代表選は、前原誠司元外相の名前も浮上しているが擁立の動きは本格化していない。


民主党代表選「在日も参加出来る」.PNG



細野豪志が出馬する意向を固めた民主党代表選の日程を来年1月7日告示、同18日投開票とする方針を決めた。
党員・サポーターも投票する正式な形で行う方針を決めた。
民主党のサポーターは在外邦人と在日外国人でもOKとのことです。
在日が代表選に投票出来るっておかしいですね。


ラベル:民主党
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック