2014年12月08日

[朝日新聞] 「信頼回復と再生のための委員会」第5回会合 「社員は風通しの悪さ実感…」 目立つ「おわび」掲載へ…

[朝日新聞] 「信頼回復と再生のための委員会」第5回会合 「社員は風通しの悪さ実感…」 目立つ「おわび」掲載へ…

朝日新聞再生委「社員は風通しの悪さ実感…」 目立つ「おわび」掲載へ…
http://www.sankei.com/entertainments/news/141208/ent1412080009-n1.html
2014.12.8 19:09

朝日新聞社は8日、同社役員と社外有識者でつくる「信頼回復と再生のための委員会」の第5回会合を東京都内で開いた。会合は非公開。同社が今後、訂正記事の書き方を改め、必要に応じて誤った理由などを説明するとともに、影響の大きい誤りの場合は見出しを目立たせた「おわび」を出すことを委員会に報告したという。

 同社によると、これに対し、外部委員からは「書かれた側の痛みを想像し、形式的なミス以外はおわびを原則とすべきではないか」(国広正弁護士)、「訂正欄の創設や反論の掲載も検討すべきだ」(ジャーナリストの江川紹子氏)といった意見が出たという。

 また、日産自動車副会長の志賀俊之氏は5日に福岡市内で朝日新聞社員と意見交換したことを報告し、「社員は風通しの悪さを感じている。企業文化をしっかり変えるべきだ」と提言。社会学者の古市憲寿氏はこの日、所用のため、欠席した。


江川紹子・朝日新聞.PNG
江川紹子さん

国広正.PNG
国広正さん

志賀俊之.PNG
志賀俊之さん

古市憲寿.PNG
古市憲寿さん



朝日新聞社は8日、同社役員と社外有識者でつくる「信頼回復と再生のための委員会」の第5回会合を東京都内で開いた。
会合は非公開。
朝日新聞が今後、訂正記事の書き方を改め、必要に応じて誤った理由などを説明すると共に、影響の大きい誤りの場合は見出しを目立たせた「おわび」を出すことを委員会に報告したという。
社会学者の古市憲寿氏はこの日、所用の為、欠席した。
この面子でやっても改善しないだろう。
朝日新聞の信頼回復と再生は、吉田調書で、慰安婦問題は議論する気がない。
慰安婦問題の議論をしないのなら、朝日は廃刊へ。


古市憲寿1.PNG
欠席した古市憲寿



参考

[朝日新聞] 「信頼回復と再生のための委員会」第4回会合 「体質」議論
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409855148.html

[朝日新聞] 「信頼回復と再生のための委員会」第3回会合に次期社長出席
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/408984525.html

朝日新聞「危機的状況にある」 「信頼回復と再生のための委員会」が初会議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407373780.html

[朝日新聞] 「信頼回復と再生のための委員会」発足 社外から江川紹子氏ら4氏
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407127644.html



朝日新聞を読むと馬鹿になる.PNG

アカが書きヤクザが売ってバカが読む新聞
アカが書きヤクザが売ってバカが読む朝日新聞.PNG



関連

朝日、内部から嘆き「恥ずかしい」「ミス認めたがらない体質」(木村社長が朝鮮人だから)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405458305.html



参考

「朝日新聞を読むとバカになる」!?雑誌WILLの総力特集が話題に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402753709.html

朝日新聞、毎日新聞(変態新聞)、中日新聞、ついでに、東京新聞を不買をお願いします。Waiwai変態報道のことを忘れないからな。
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/379680297.html




追記

面倒ではありますが、朝日新聞に関する記事は「朝日新聞」でタグを切っていますので、他の記事もご覧下さい。
ラベル:朝日新聞
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 偏向報道・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック