2014年11月29日

そしてみんないなくなった 浅尾代表が解党会見

そしてみんないなくなった 浅尾代表が解党会見
http://www.asahi.com/articles/ASGCX4DQSGCXUTFK005.html?iref=comtop_list_pol_n03
2014年11月29日08時37分

みんなの党の浅尾慶一郎代表が28日、解党にあたって最後の記者会見に臨んだ。浅尾氏は、解党は党の理念や政策ではなく、政権との協調路線か野党共闘かという手法の違いが原因だと強調。渡辺喜美前代表との対立についても「感情的なものではない。政治手法の違いだ」と述べた。

 一方で「政治家も人間だ。感情や思惑はある」とも述べ、党内の感情的な対立の根深さものぞかせた。浅尾氏自身は衆院神奈川4区から無所属で立候補することを明らかにした。

 同党は2009年、5人でスタートし、13年の参院選後は36人にまで増えた。浅尾氏は「解党で何を学んだか」と問われ、「私は意外と不器用だ。今後は器用に生きていきたい」と感極まった表情で答えた。


みんなの党解党.PNG
1000万人移民受け入れ構想.PNG



みんなの党の浅尾慶一郎代表が28日、解党にあたって最後の記者会見に臨んだ。
同党は2009年、5人でスタートし、13年の参院選後は36人にまで増えた。
みんなの党が28日に解党しました。
浅尾慶一郎は、神奈川4区から無所属で立候補することを明らかにした。
当選したら、民主党に戻るかも知れませんね。
「そしてみんないなくなった」というタイトルで思い出したのが、「そして僕は途方に暮れる」(大沢誉志幸)という曲です。
山下久美子に楽曲を提供する予定だったのが大沢誉志幸自身が歌うことになった曲だったと思います。
「そしてみんないなくなった」(みんなの党)、「そして僕は途方に暮れる」(無所属の浅尾慶一郎)という感じですね。
神奈川4区の皆さん、民主党時代の浅尾慶一郎は、1000万人移民受け入れ構想に賛成の議員でした。
気を付けて下さい。



5年間の歴史を終え・・・ 「みんなの党」が解党(14/11/28)


大沢誉志幸 そして僕は途方にくれる




参考

浅尾氏は無所属で出馬 みんな、12億円を返納
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409721734.html

みんなの党、解党決定 渡辺前代表「抹殺事件だ」と批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409215118.html

みんなの党:解党求める議員数は半数超える
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409094113.html

民主との合併「絶対に阻止」 みんな・渡辺前代表が反対
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/409019878.html

みんなの党の正体は「第二民主党」だ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/282702416.html


ラベル:浅尾慶一郎
posted by hazuki at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック