2014年11月28日

民主の枝野、地下アイドル「仮面女子」と共闘

民主の枝野、地下アイドル「仮面女子」と共闘

民主の枝野幹事長、地下アイドルと共闘
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20141128-1401888.html

民主党の枝野幸男幹事長は27日、自民党の「牙城」でもある東京・秋葉原で演説した。政治に関心が低いとされる若者世代に、「投票しないのは、(政権への)白紙委任にほかならない」と訴えた。親交がある地下アイドル「仮面女子」との、異色コラボも披露。党勢回復に向け、若者世代にアピールしたい思惑が透けてみえた。

 JR秋葉原駅前に現れた枝野氏は演説直前、ゲストの激励を受けた。ライブを中心に活動する「地下アイドル」として、若者を中心に高い人気を持つ「仮面女子」のメンバーだ。

 今月上旬、国会内で開かれた岸和田だんじり祭りのイベントに同グループがゲスト出演した際、その場にいた枝野氏と意気投合。仮面をつけた姿がミステリアスなアイドルと、野党第1党幹部がアキバで共演する異色コラボレーションとなった。

 メンバーに「頑張ってください」とエールを送られ、枝野氏は「若い人が夢を持って頑張るのはいいこと。皆さんも頑張って」と応じた。論客で知られるがアイドルに詳しく、カラオケでAKB48のナンバーを歌うことも。演説では、AKB48のリーダー高橋みなみが座右の銘にする「努力をすれば報われる」を引用。若い世代に非正規雇用が増えていることを指摘した上で、「安倍政権は、努力をすれば必ず報われると言うが、勘違いしている。努力しても報われないときもあるのが政治。今こそ流れを変えるべきだ」と訴えた。

 もともと秋葉原は自民党のホームグラウンド。安倍晋三首相や麻生太郎財務相が演説で訪れ、前回衆院選の「最後のお願い」では、大きな安倍コールが起こり、自民党の政権奪還を象徴する場になった。その場所で枝野氏が演説したのは、政治に関心がないといわれる若者世代へのアピールが目的。若者世代の票を掘り起こし、党勢回復につなげたいとの思いもある。

 枝野氏は「投票しないのは、政治が何を決めても仕方ないという白紙委任にほかならない。本当に、今の日本で白紙委任にしていいのだろうか」と主張。終了後、「演説1回で全てが届くわけではないが、政治の結果に影響をいちばん受けるのは、この国と長い期間お付き合いする若い人。いろんな所で伝えていきたい」と述べた。【中山知子】

 [2014年11月28日9時4分 紙面から]


地下アイドル「仮面女子」の激励を受けた枝野.PNG
枝野幸男.PNG



枝野幸男は27日、自民党の「牙城」でもある東京・秋葉原で演説した。
政治に関心が低いとされる若者世代に、「投票しないのは、(政権への)白紙委任にほかならない」と訴えた。
親交がある地下アイドル「仮面女子」との、異色コラボも披露。
革マル派との関係が指摘される連合傘下のJR総連などから政治献金を受けていた枝野は、パチンコ屋がスポンサーのAKB48が好き。
若者は、民主党の枝野が殺人を犯す革マル派から献金を受けていたことに気付いて下さい。
ラベル:枝野幸男
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 民社党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック