2014年11月28日

赤旗購読料は「共産の政党助成金」橋下が持論を展開、共産の助成金廃止主張は「きれい事」

赤旗購読料は「共産の政党助成金」橋下が持論を展開、共産の助成金廃止主張は「きれい事」

赤旗購読料は「共産の政党助成金」 橋下氏が持論を展開、共産の助成金廃止主張は「きれい事」
http://www.sankei.com/west/news/141128/wst1411280032-n1.html
2014.11.28 12:50

“お膝元”大阪市役所の購読は…

 維新の党共同代表の橋下徹大阪市長は28日、共産党が政党助成金の廃止を訴えていることについて、共産の機関紙「しんぶん赤旗」をやり玉にあげて「全国の役所が購入してすさまじい額のお金を払っている。政党助成金そのものだ」との持論を展開し、「助成金がなければ(共産以外の)政党は資金を得られない。民主主義の必要経費だ」と主張した。

 街頭演説などで廃止を訴える共産の志位和夫委員長に対して「赤旗を廃止した上で助成金に反対するなら筋が通る。(購読料を)棚に上げて反対するのはきれい事で、いかにも共産らしい」と揶揄(やゆ)した。


橋下徹VS辻元清美.PNG



維新の党の橋下徹は28日、共産党が政党助成金の廃止を訴えていることについて、共産の機関紙「しんぶん赤旗」をやり玉に挙げて「全国の役所が購入してすさまじい額のお金を払っている。政党助成金そのものだ」との持論を展開した。
維新の党も機関紙を出して、赤旗が主な収入源である共産党に対抗すれば良いこと。
「衆議院の解散総選挙を毎年のように行えば、共産党は赤字が続くことになり、活動を続けられなくなる。」そうなので、共産党を潰したければ、税金無駄遣いの大阪市長選のように国政選挙を増やせば良い。
相変わらずの橋下ですね。




関連

日本共産党の資金源と彼らを潰す方法
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/389946028.html
ラベル:橋下徹
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック