2014年11月27日

[産経新聞ソウル支局長公判] 一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投つける 韓国保守系団体

[産経新聞ソウル支局長公判] 一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投つける 韓国保守系団体

【本紙前ソウル支局長公判】
一時騒然、退廷した前支局長の車に生卵投げつける 韓国保守系団体
http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270032-n1.html
2014.11.27 12:35

【ソウル=名村隆寛】大統領の名誉が優先か、言論・報道の自由が守られるべきか。産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)したとして、罪を問われた裁判の事実上の初公判が27日、開かれた。保守系団体のメンバーらは、法廷で大声をあげて退廷させられたほか、加藤前支局長の乗った車に生卵を投げつけるなど、裁判所の内外は一時騒然とした。

 ソウル中央地裁には、日韓の報道関係者に加え、産経新聞を批判する保守系団体のメンバーら100人以上が集まった。

 外国人記者を法廷に立たせて、名誉毀損の罪に問うという異例の裁判。午前10時の開廷を前に加藤前支局長は入廷。約30席の傍聴席はすでに満席で、約40人が立ったまま傍聴した。

 韓国でも裁判所の敷地内の示威行為は禁止されている。しかし、保守系団体のメンバーらは傍聴席に入り、「加藤達也、韓国国民に謝れ」「加藤を拘束せよ」などと叫び、前支局長非難するプラカードを掲げるなどして、複数の男性が退廷を命じられた。

 加藤前支局長は裁判官や検察の発言にメモを取りながら聞き入り、公判の最後にはっきりした口調で意見陳述を行った。

 公判は1時間あまりで終了したが、団体メンバーらは裁判所を出ようとする加藤前支局長の乗った車を取り囲み、複数の卵を投げつけ、ボンネットに横たわるなどして通行を妨害。「謝罪」を迫る紙を車体に貼り付けて気勢を上げた。


加藤達也前ソウル支局長を乗せた車が抗議デモ団に囲まれた.PNG
加藤達也前ソウル支局長を乗せた車が抗議デモ団に囲まれた1.PNG



産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が朴槿恵(パク・クネ)酋長の名誉を毀損したとして、罪を問われた裁判の事実上の初公判が27日、開かれた。
保守系団体のメンバーらは、法廷で大声を上げて退廷させられた他、加藤前支局長の乗った車に生卵を投げ付けるなど、裁判所の内外は一時騒然とした。
加藤前支局長は、朝鮮日報の記事を引用しただけです。
卵を投げ付けた団体は反日無罪、加藤前支局長は有罪ということでしょう。




参考

産経新聞ソウル支局庁への韓国の扱いに朝日編集委も異議
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405951275.html

[産経ソウル支局長聴取] 日本ペンクラブが「憂慮」声明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405529268.html

産経支局長の虚偽報道、「結論」発表できない韓国検察
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404542652.html

[ハンギョレ新聞] 産経ソウル支局長告発で日本極右に完敗した韓国極右
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/404455851.html

産経ソウル支局長、地検に出頭 大統領への名誉毀損問題
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403926618.html

産経新聞ソウル支局長への出頭「命令」 流石に韓国内でも異論が出始める
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403794485.html

産経新聞にイチャモン…国家レベルだった韓国の非常識
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403723437.html




関連

[産経前ソウル支局長起訴] 韓国は民主主義の国とは思えない」橋下が痛烈に批判
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406818470.html
ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック