2014年11月17日

厚労省、障害者雇用で虚偽報告の独法を告発

厚労省、障害者雇用で虚偽報告の独法を告発
http://www.asahi.com/articles/ASGCK566RGCKULFA011.html?iref=comtop_6_04
2014年11月17日20時32分

厚生労働省所管の独立行政法人「労働者健康福祉機構」(川崎市)が障害者の雇用率を実際より高く厚労省に報告していたとして、厚労省は17日、この機構を障害者雇用促進法違反(虚偽報告)の疑いで横浜地検に告発した。厚労省が虚偽報告で告発するのは初めて。

 独立行政法人は障害者を一定以上雇い、その状況を厚労省に報告する義務がある。しかし、機構は2012〜13年、障害者を実際より多く雇ったように装うなどして雇用率を水増しして報告した疑いがある。機構は10〜14年に虚偽報告していたことを認めたが、厚労省は報告の修正をした14年と時効の10〜11年分は告発の対象外にした。

 機構は第三者委員会を設けて事実を調査している。塩崎恭久厚労相は「意図的に数字をつくっており、極めて悪質だ。第三者委の調査を待って不正に関わった個人も告発を検討する」と述べた。厚労省から機構に出向して報告の責任者を務めていた大臣官房審議官ら幹部2人を18日付で大臣官房付とする人事も発表した。




厚生労働省所管の独立行政法人「労働者健康福祉機構」(川崎市)が障害者の雇用率を実際より高く厚労省に報告していたとして、厚労省は17日、この機構を障害者雇用促進法違反(虚偽報告)の疑いで横浜地検に告発した。
厚労省が虚偽報告で告発するのは初めて。
障害者雇用で虚偽報告する独立法人は解散した方が良い。



障害者雇用率 虚偽報告の疑いで告発状提出
ラベル:厚生労働省
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック