2014年11月16日

元内閣法制局長官の阪田雅裕氏、集団的自衛権を批判 「必然性分からない」

元内閣法制局長官の阪田雅裕氏、集団的自衛権を批判 「必然性分からない」

元長官、集団的自衛権を批判 「必然性分からない」
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111601001436.html

元内閣法制局長官の阪田雅裕氏が16日、神戸市で講演し、7月に閣議決定された集団的自衛権の行使容認について「安全保障環境の変化と、日本が海外に出ていくことの必然性が全く分からない」と述べ、政府の対応を批判した。

 阪田氏は自身の経験を踏まえ「自衛隊が合憲だという説明すら四苦八苦してきた」とした上で、「もし本当に必要ならば、国民に繰り返し十分説明し、憲法を改正する手続きを取るべきだ」と強調した。

 集団的自衛権の関連法案の審議が先送りされ、来年春以降になることにも「(衆院が解散し)今選挙になったとしても、その是非を判断することができず残念だ」とも語った。
2014/11/16 19:24 【共同通信】


阪田雅裕.PNG



元内閣法制局長官の阪田雅裕氏が16日、神戸市で講演し、7月に閣議決定された集団的自衛権の行使容認について「安全保障環境の変化と、日本が海外に出ていくことの必然性が全く分からない」と述べ、政府の対応を批判した。
阪田氏の意見も参考にしましょう。
我々は、集団的自衛権について、楽観的な発想でした。
社民党が子供を使った酷いポスターを作りましたが、批判出来ないかも知れません。
集団的自衛権に反対する人が焼身自殺しています。
その意味を理解する為に、片桐勇治氏の動画をご覧下さい。



【片桐勇治】国際情勢の激変と日本の外交[桜H26/9/17]
ラベル:集団的自衛権
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック