2014年11月15日

橋下・松井、衆院選出馬を検討 公明の対立候補

橋下・松井、衆院選出馬を検討 公明の対立候補

橋下市長・松井知事、衆院選出馬を検討 公明の対立候補
http://www.asahi.com/articles/ASGCG7KWRGCGPTIL02R.html
2014年11月15日05時12分

維新の党の橋下徹代表(45)=大阪市長=と松井一郎幹事長(50)=大阪府知事=が、年内の衆院解散・総選挙に向けて立候補する検討を本格的に始めた。党関係者によると、両氏は13日に会談。立候補を検討する意向を確認したとみられる。看板政策の「大阪都構想」への悪影響の懸念も党内には根強く、最終的に踏み切れるかは流動的だ。

トピックス:衆院解散

 両氏は公明党現職への対立候補となる考え。橋下氏は、佐藤茂樹・党大阪府本部代表(55)がいる大阪3区に自ら立ち、松井氏が北側一雄党副代表(61)の大阪16区に回ることを検討している。

 2012年の衆院選では、維新の前身の日本維新の会は協力関係にあった公明党の候補がいる選挙区への擁立を見送った。だが、橋下氏は都構想の進め方や自身の出直し市長選をめぐり公明党と激しく対立。橋下氏らがまとめた都構想案は先月27日の大阪府・市両議会で、公明党や自民党などの反対で否決された。


橋下徹VS辻元清美.PNG
松井一郎・維新.PNG



維新の党の橋下徹代表(45)=大阪市長=と松井一郎幹事長(50)=大阪府知事=が、年内の衆院解散・総選挙に向けて立候補する検討を本格的に始めた。
橋下と松井が衆議院選に出馬して当選したら、維新の党が分裂するでしょう。
江田さん達と上手くやっていけるかどうか。
大阪維新の会は大阪都構想を断念しないとね。
ラベル:橋下徹 松井一郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック