2014年11月13日

拉致被害者支援法が成立へ 与野党合意、帰国に備え

拉致被害者支援法が成立へ 与野党合意、帰国に備え
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111301001980.html

与野党は13日、衆院拉致問題特別委員会の理事懇談会で、北朝鮮による拉致被害者らの帰国に備えた拉致被害者支援法改正案について、委員長提案で14日の衆院本会議に提出することで合意した。14日の本会議で全会一致により可決、参院に送付され、来週中に成立する見通しだ。

 改正案は、比較的若い被害者が帰国した場合を想定し、現行で10年が限度の給付金支給期間を15年まで延長できる制度の導入を掲げた。65歳以上の被害者には、本来受け取ることができる国民年金相当額を一括支給するとの内容も含めた。
2014/11/13 22:20 【共同通信】




与野党は13日、衆院拉致問題特別委員会の理事懇談会で、北朝鮮による拉致被害者らの帰国に備えた拉致被害者支援法改正案について、委員長提案で14日の衆院本会議に提出することで合意した。
14日の本会議で全会一致により可決、参院に送付され、来週中に成立する見通し。
この改正案は、可決・成立させて欲しいです。
国民年金相当額を一括支給するとの内容も含めているので、可決・成立のニュースを待っています。



参議院議員 山谷えり子氏「拉致被害者が安心して帰国できるよう支援法をまとめています」
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック