2014年11月10日

大阪市、関電株売却方針を決定 議案提出へ

大阪市、関電株売却方針を決定 議案提出へ
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111001001359.html

大阪市は10日、橋下徹市長ら幹部が出席した戦略会議で、市が保有する関西電力の株式を売却する方針を決定した。開会中の市議会に了承を得るための議案を提出する。

 橋下氏は会議の中で「今は(市が株式を)保有する方がマイナスだという結論に達したと議会に説明して、売却の了承を得たい」と話した。

 大阪市は筆頭株主で、橋下氏は以前から、原発再稼働を前提とした経営計画を立てる関電経営陣を批判。市が全体の約9%を保有する株式を「物言う株主」に売却する方針を示していた。

 大阪市には市が保有する1億円以上の株式を売却する場合は市議会の議決が必要とする条例がある。
2014/11/10 13:18 【共同通信】




大阪市は10日、橋下ら幹部が出席した戦略会議で、市が保有する関西電力の株式を売却する方針を決定した。
橋下は、市が全体の約9%を保有する株式を「物言う株主」に売却する方針を示していた。
6月26日の段階では、橋下が「市が株主で居続ける必要はない。物言う株主が関電をチェックしないとダメだ」と述べ、関電株を外資系ファンドなどに売却する意向を示しています。
外資系ファンドなどに売却するのでしょうか?



大阪 橋下市長 関電 株主総会 脱原発、赤字の責任追及




参考

橋下、関電株を「物言う株主」に売却方針
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400375203.html
ラベル:大阪市
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック