2014年11月10日

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉

TPPと同時進行で秘密裏に進められている新サービス貿易協定(TiSA)交渉

新サービス貿易協定(TiSA)交渉の進展(参加国・地域による共同発表)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000387.html
平成25年6月28日

1. 6月28日(現地時間同日),スイスのジュネーブにおいて,新サービス貿易協定(TiSA; Trade in Services Agreement)交渉参加国・地域は,TiSA策定のための議論が進展し,本格的な交渉段階に移ったことを確認する共同発表を行いました。
2. 昨年来,世界貿易機関(WTO)に加盟する有志国・地域により,サービス貿易の一層の自由化に向けた新しい協定を策定するための議論が続けられてきました。この協定は,TiSAと通称されており,我が国もWTOの主要な加盟国として議論に積極的に参加しています。
3. 我が国は,サービス貿易という重要分野における早期の合意形成に向けて,関係国と連携しつつ,引き続き積極的に取り組んでいく考えです。

(参考1)TiSA交渉の参加国・地域(22か国・地域(EU各国を含めると48か国))
 日本,米国,EU,カナダ,豪州,韓国,香港,台湾,パキスタン,ニュージーランド,イスラエル,トルコ,メキシコ,チリ,コロンビア,ペルー,コスタリカ,パナマ,パラグアイ,ノルウェー,スイス,アイスランド(2013年6月現在,次回会合からリヒテンシュタインが参加)。

(参考2)サービス貿易とTiSA
(1)ウルグアイ・ラウンド交渉(1986−94年)の結果,1995年,世界貿易機関(WTO)の発足に伴い「サービス貿易に関する一般協定(略称GATS)」が発効。これはサービス貿易に関する初めての多数国間協定。
(2)GATS発効後18年以上が経過し,GATS以上の自由化を実現するための協定が必要との認識に基づき,WTOドーハ・ラウンド交渉(2001年開始)とは別の取組として,有志国がTiSA策定に向けて集中的に議論している。
(3)TiSA交渉に参加する国・地域の間では,交渉対象から特定分野をあらかじめ除外しないこと,現行のルールを強化すること等で意見の一致をみている。

(参考3)有志国・地域による共同発表「前進する新サービス貿易協定の交渉」(6月28日)
(和文仮訳)

(1)サービス貿易の自由化を進展させることを目指し,新しいアプローチを模索している複数のWTO加盟国・地域は,新サービス貿易協定(TiSA)に関するこれまでの議論の成果に満足している。
(2)交渉に先立ち必要な協議と手続を経て,我々は完全な交渉段階に入っている。
(3)我々は,サービス貿易自由化のための目的を共有する他のWTO加盟国・地域が,我々の取組に加わることを奨励する。



新サービス貿易協定(TiSA:Trade in Services Agreement)の概要 (PDF) (209KB)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000006996.pdf

世界貿易機関(WTO)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page2_000003.html

経済局 サービス貿易室
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/sosiki/keizai.html




TiSAが危ないらしいので、「TiSA」で検索したところ、外務省のサイト内に辿り着きました。
秘密裏に進められているようで、TiSA交渉の参加国の中に日本も含まれています。
外務省の発表は、平成25年6月28日。
「昨年来,世界貿易機関(WTO)に加盟する有志国・地域により,サービス貿易の一層の自由化に向けた新しい協定を策定するための議論が続けられてきました。この協定は,TiSAと通称されており,我が国もWTOの主要な加盟国として議論に積極的に参加しています。」とあるので、民主党が衆議院選で大敗した時期と重なります。
民主党政権時代から話し合われていたものかどうか分かりませんが、TiSAに関しては情報が不足しているので、調べなければなりません。
ACTAを何処のマスコミも報道しなかった件と一緒です。
堤未果さんのツイートによると、「ターゲットは農業、製造業を除く全サービスで、一度民営化したら再公有化できないラチェット条項を含んでいる事がポイント。」






堤未果 @TsutsumiMika
現在秘密裏に進む貿易条約「TISA」。ターゲットは農業、製造業を除く全サービスで、一度民営化したら再公有化できないラチェット条項を含んでいる事がポイント。TPP同様TISAも企業>行政府。日米参加中。日本語資料はコレ(拡散希望!)→http://goo.gl/bnjdqC





堤未果 @TsutsumiMika
例のごとく「エラーが出て開けません」というDMが多数くるので、短縮でなくTISA日本語資料のオリジナルも貼ります。TISAで民営化された公共サービスは再公営化不可。企業>行政府
来月の秘密保護法前に拡散+保存オススメ!→http://www.world-psi.org/sites/default/files/documents/research/jp_tisaresearchpaper_final_web.pdf … #TISA



堤未果ツイッター
https://twitter.com/tsutsumimika
タグ:TiSA
posted by hazuki at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | TiSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408634718

この記事へのトラックバック