2014年11月03日

韓国の野外ライブ換気口落下事件にトンデモ対策! 韓国が行った対策とは?

韓国の野外ライブ換気口落下事件にトンデモ対策! 韓国が行った対策とは?

韓国の野外ライブ換気口落下事件にトンデモ対策! 韓国が行った対策とは?
http://gogotsu.com/archives/405
14年11月02日03時49分

10月17日に起きた京畿道城南市の板橋(パンギョ)で行われた野外ライブの際に排気口が落下し15名が死亡した事件。これに対して韓国が早速対策を行ったようだ。

先月17日に韓国の板橋で開催された「第1回板橋テクノバレーフェスティバル」。その際に立ち見していた客が換気口の鉄格子の蓋にのぼり、その重さに耐えれず崩落。この日のライブにはJUNGGIGO、T-ARA、4minuteが参加予定だったが全て中止となった。

韓国は二度とこのような惨事が起きないように換気口の周りをガラスで全面覆ってしまったのだ。写真で見てわかるように側面だけでなく天面も覆われており、換気口の意味をなしていなくなっている。数日でガラスの中が真っ黒になるのではないだろうか。

換気口の上にガラスの壁ができました


韓国の野外ライブ換気口落下事件の対策.PNG
韓国の野外ライブ換気口落下事件の対策1.PNG



10月17日に起きた京畿道城南市の板橋(パンギョ)で行われた野外ライブの際に排気口が落下し15名が死亡した事件の韓国の対策がトンデモナイ。
韓国は二度とこのような惨事が起きないように換気口の周りをガラスで全面覆ってしまった。
換気口の意味をなしていなくなっている。
ネタじゃなく、マジでやっているからホームラン級の馬鹿でしょう。
ガラスが割れて怪我人が出そうな気がします。



換気口のふた崩落16人死亡9人負傷 韓国の野外公演
http://www.asahi.com/articles/ASGBK6H8CGBKUHBI02V.html
ソウル=東岡徹 2014年10月18日00時47分

17日午後5時53分ごろ、ソウル近郊の京畿道城南(キョンギドソンナム)市のショッピングモールの野外公演場で、観客が換気口の上で公演を見ていたところ、格子状のふたが壊れたため、約10〜15メートル下に落下した。京畿道の消防当局によると、16人が死亡し、9人が負傷したという。

 京畿道の災害当局によると、換気口のふたに大勢の観客が上がったため、重さに耐えきれず、壊れたとみられるという。

 複数の韓国メディアによると、事故当時、人気女性グループ「4Minute」の公演が行われていた。約700人が観覧しており、うち一部の観客が近くで見ようと、高さ1メートルほどの換気口に乗った。周辺には観客が乗らないようにする措置は講じられていなかったという。目撃者の話として、換気口に乗らないよう呼びかける放送があったとも報じられた。
ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by hazuki at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック