2014年11月01日

東海併記、上院候補も支持=政治力増す韓国系住民−米中間選挙

東海併記、上院候補も支持=政治力増す韓国系住民−米中間選挙
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014110100174

【ワシントン時事】11月4日の米中間選挙にバージニア州から出馬している民主、共和両党の上院選候補2人が、米国の学校教科書に「日本海」と記載する際、韓国で使われる「東海」の呼称を併記すべきだとする韓国系団体の主張を支持していることが10月31日、分かった。
 バージニア州には韓国系住民が多く、州北部で下院の議席を争う両党候補2人も東海併記を支持している。1月に新議会が招集されれば、東海併記が連邦レベルで提起される可能性がある。
 民主党現職のマーク・ウォーナー候補の広報責任者は取材に対し、「韓国人と日本人双方の伝統を(教科書に)反映させ、尊重しなければならないというのが議員の見解だ。議員は双方の文化の歴史が反映されるよう(上院)外交委員会で取り組む考えだ」と書面で回答した。
 共和党新人のエド・ギレスピー候補は英語と韓国語で書かれた書簡を韓国系団体に送り、全米各州に教科書への東海併記の検討を促す上院決議案の提出を「支持する」と約束した。
 バージニア州では今年3月、日本海と東海の教科書併記を義務付ける全米初の州法が成立。米メディアによると、マコーリフ知事は一時抵抗を試みたものの、韓国系団体から知事選時の約束に反すると批判を受け、署名に応じた経緯がある。
 5月には同州北部の郡当局の許可の下、韓国系団体が従軍慰安婦問題に関する石碑を郡庁舎の敷地に設置。ワシントン・ポスト紙は8月、下院選候補や郡当局の対応を社説で取り上げ、「韓国系住民への迎合が行き過ぎている」と批判している。(2014/11/01-15:10)




4日の米中間選挙にバージニア州から出馬している民主、共和両党の上院選候補2人が、米国の学校教科書に「日本海」と記載する際、韓国で使われる「東海」の呼称を併記すべきだとする韓国系団体の主張を支持していることが10月31日、分かった。
東海併記すべきの候補がいるので、バージニア州とは付き合いたくないですね。
マコーリフ知事は、キムチ臭い。



【韓国】何遍言わせる?「日本海」が世界ルールだ[桜H24/7/4]
ラベル:米国
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック