2014年11月01日

日銀の追加金融緩和「驚きだった」(竹中平蔵)

日銀の追加金融緩和「驚きだった」(竹中平蔵)

日銀の追加金融緩和「驚きだった」…竹中平蔵氏
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141031-OYT1T50153.html
2014年10月31日 23時03分

政府の産業競争力会議で民間議員を務める竹中平蔵・慶大教授が31日、BS日テレの「深層NEWS」に出演した。

 竹中氏は日本銀行による追加の金融緩和について「驚きだった」とした上で、「内容は小出しではなく、できることはやるというメッセージが伝わってきた」と評価した。

 金融政策決定会合で、採決する政策委員の賛否が5対4だったことについて、竹中氏は「かなり薄氷の決議だが、多少の反対があっても一気に決めるという決意を感じた」と述べた。


竹中平蔵.PNG



竹中平蔵・慶大教授が10月31日、BS日テレの「深層NEWS」に出演した。
竹中は日本銀行による追加の金融緩和について「驚きだった」とした上で、「内容は小出しではなく、できることはやるというメッセージが伝わってきた」と評価した。
日銀の金融緩和で誰が儲けるのでしょう。
日本の経済を滅茶苦茶にした竹中平蔵は許さん。
竹中は、パソナさえ儲ければ良いからね。






enzyouzi ken @enzyouzik
@hazukinotaboo お笑いです。
竹中平蔵の真面目は「公」に向かってはいません。
「竹中平蔵は金儲けに真面目」なわけです。
真面目などと言うのは詭弁です。

ちなみに民主党の前原誠司の奥さんは、
パソナの秘書だったという噂。
パソナの仁風林で接待をしていたらしいですね




参考

竹中平蔵:中国に左右される「アジアの地政学リスク」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406579720.html

世界的経済学者・宇沢弘文氏が蛇蝎の如く嫌った竹中平蔵の「新自由主義」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406209059.html

竹中平蔵氏 パソナ「仁風林」で真面目なパーティ開催と説明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403975223.html

パソナ取締役会長・竹中平蔵氏に「利益誘導問題」を問い質す
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403913762.html

新たな利権か…パソナを喜ばせる予備自衛官の雇用優遇制度
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402816893.html

パソナ竹中会長が講演 新成長戦略は「私たちの業務につながる」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/400365947.html

「社員を1人クビ」で最大60万円 「おいしすぎる助成金」に批判集中
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/398604282.html

竹中平蔵氏が旗振り 人材会社を潤わす「300億円」助成金
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/398684157.html

竹中平蔵「日本は物凄い格差社会になる。介護難民や若者のホームレスだらけ」(政経chより転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/392961553.html

法人税改革を議論しているのはTPP推進の国賊の大田弘子(元経済財政相)と反日朝鮮企業パソナの取締役会長の竹中平蔵(第2次安倍政権の日本経済再生本部)だ!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/391341771.html




常連客には官僚も…赤坂の摘発「韓国クラブ」に集まった面々
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/398688566.html

↑↑↑↑↑
ASKA騒動の中で話題になったパソナの迎賓館「仁風林」のことを転載しています。
ラベル:竹中平蔵
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック