2014年10月31日

年金積立金、国内・国外株式比率を各25%に見直し

年金積立金、国内・国外株式比率を各25%に見直し

年金積立金、国内・国外株式比率を各25%に見直し
http://www.asahi.com/articles/ASGB93W3DGB9UTFL003.html?iref=comtop_list_biz_n01
2014年10月31日17時35分

約130兆円の公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は31日、運用基準の見直しを発表した。国内株式と外国株式の割合をそれぞれ25%と倍増させ、外国債券も15%に増やした。一方、6割を占めていた国債などの国内債券は35%と大幅に下げた。物価上昇を見据え、安全重視からリスクをとりながら高収益を目指す運用に転換する。




約130兆円の公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は31日、運用基準の見直しを発表した。
国内株式と外国株式の割合をそれぞれ25%と倍増させ、外国債券も15%に増やした。
6割を占めていた国債などの国内債券は35%と大幅に下げた。
アベノミクスが限界に達した結果、年金はGPIFが頼みの綱。
リスクは国民が被るのか。






honnenogod @honnenogod
日銀が7割の国債を買っている異次元の緩和を続けているのに株高円安にならないのは現行のGPIFのポートフォリオのため。日経1万6千円を超えると運用枠の最大18%を超え、凄い売りが出るため→世界最大のビックマネーを動かす年金基金GPIF http://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/approach-to-rumors-of-pension-funds-gpif-to-move-big-money-of-worlds-largest/



世界最大のビックマネーを動かす年金基金GPIFの噂に迫る!
http://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/approach-to-rumors-of-pension-funds-gpif-to-move-big-money-of-worlds-largest/




参考

厚労相、GPIF改革の議論加速指示 組織改革で作業チーム設置
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407192198.html

年金積立金改革:官僚抵抗で足踏み
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406599952.html


ラベル:年金制度
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック