2014年10月28日

入管収容外国人がビザ発給求め給食拒否 24人が集団スト1週間(名古屋入管)

入管収容外国人がビザ発給求め給食拒否 24人が集団スト1週間(名古屋入管)

ビザ発給求め給食拒否 名古屋入管で24人
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014102890085509.html
2014年10月28日 09時01分

名古屋入国管理局(名古屋市港区)に収容されている外国人が、ビザの発給などを求め、1週間にわたって給食を食べないストライキを続けている。同市中区の民間支援団体STARTが明らかにし、24人に上るという。入管の説明では、うち9人はストをやめて給食を食べるようになり、自費で売店の食べ物を購入する人もいて大きく体調を崩した人はいないとしている。

 支援団体によると、スト参加者はフィリピン、イラン、ベトナムなど7カ国を国籍とする20〜50代の男性。3〜10カ月間収容されている。

 今月14日、ビザの発給や仮放免、食事の栄養バランスの改善や増量など8項目を要求する上申書を入管に提出したが、20日に「認めない」と口頭で回答があった。これに抗議し、同日からストを始めた。24人のうち10人は、自国で宗教対立に巻き込まれているなどとして難民申請中。そのほかの人も、日本に家族がいるなど帰国できない事情があるという。

 入管の担当者は「法律にのっとって対応しており、要求には応じられない。給食は1人当たり1日910円(税抜き)相当、2200〜3千キロカロリーで栄養に問題はない」と話した。集団ストは2011年と昨年に続き、3度目という。

(中日新聞)




名古屋入国管理局(名古屋市港区)に収容されている外国人が、ビザの発給などを求め、1週間にわたって給食を食べないストライキを続けている。
入管の担当者は「法律にのっとって対応しており、要求には応じられない。給食は1人当たり1日910円(税抜き)相当、2200〜3千キロカロリーで栄養に問題はない」と話した。
ストを起こせば、どうにかなると思っているとすれば、日本は舐められていますね。
ストという脅しで法律を捻じ曲げられるようなことがあってはならない。



出入国管理及び難民認定法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E5%85%A5%E5%9B%BD%E7%AE%A1%E7%90%86%E5%8F%8A%E3%81%B3%E9%9B%A3%E6%B0%91%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E6%B3%95

出入国管理及び難民認定法(しゅつにゅうこくかんりおよびなんみんにんていほう、昭和26年政令第319号)は、出入国管理制度(日本国への入国・帰国、日本国からの出国、外国人の日本国在留に関する許可要件や手続、在留資格制度、入国管理局の役割、不法入国や不法在留に関する罰則等)、並びに難民条約及び難民議定書に基づく難民認定制度等を定めた日本の法令である。
ラベル:出入国管理法
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック