2014年10月26日

[福島県知事選] 前副知事の内堀雅雄氏(50)が当選確実

[福島県知事選] 前副知事の内堀雅雄氏(50)が当選確実

福島県知事選、前副知事の内堀氏が当選確実
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20141026-OYT1T50048.html?from=ytop_ylist
2014年10月26日 19時00分

福島県知事選は26日、投票が行われ、無所属新人で前副知事の内堀雅雄氏(50)の当選が確実な情勢となった。

 同県の知事選が行われるのは、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて。現職の佐藤雄平知事が退任を表明し、過去最多の6人が立候補した。内堀氏は自民や民主など主要政党の支援を受け、選挙戦を通じて優位な戦いを進めた。


内堀雅雄.PNG



福島県知事選は26日、投票が行われ、無所属新人で、自民、民主、公明、社民の各党が支援した前副知事の内堀雅雄氏(50)の当選が確実な情勢となった。
開票が始まってない19時時点で、当選確実となりました。



福島知事に内堀氏の初当選確実 相乗りで論戦深まらず
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102601001494.html

任期満了に伴う福島県知事選は26日、自民、民主、公明、社民の各党が支援した前副知事の内堀雅雄氏(50)が、共産党と新党改革が支援した元岩手県宮古市長の熊坂義裕氏(62)ら5人を破り、初当選を確実にした。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後、初の知事選。震災復興と原発政策が争点となったが、各党が相乗りで内堀氏を支援したこともあり、議論は深まらなかった。

 安倍政権は、知事選で原発再稼働が否定されなかったとして、再稼働に向けた手続きを進める構えだ。自民、公明両党は7月の滋賀県知事選に続く敗北を免れた。今後は、11月の沖縄県知事選が最大の焦点となる。
2014/10/26 19:13 【共同通信】
ラベル:福島県知事選
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック