2014年10月16日

大阪城、電通などが運営へ 年2億円以上の収入源に

大阪城、電通などが運営へ 年2億円以上の収入源に

大阪城、電通などが運営へ 年2億円以上の収入源に
http://www.sankei.com/west/news/141016/wst1410160074-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/141016/wst1410160074-n2.html
2014.10.16 21:14

大阪城公園(大阪市中央区)の魅力を向上させ、市の増収につなげるとして、大阪市は16日、管理・運営を電通関西支社など5社でつくる事業者に委託すると発表した。全国有数の観光地で収益力があるとして委託料は支払わず、事業者から毎年2億2600万円以上の納付金を受ける。城や公園の管理・運営を民間に委ねる動きは広がっているが、市によると、委託料を支払わないケースは全国的に珍しい。

 6月に公募を実施して2事業者から選定。市議会での議決を経て、来年度から20年間の契約を結ぶ。

 事業者の計画によると、平成13年まで市立博物館として使われ、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」のロケ地にもなった旧陸軍第四師団司令部庁舎をレストランや国際会議場として活用。来園者の休憩スペースになっている大阪迎賓館もレストラン、パーティースペースとして使う。

 市民ランナーらを対象にしたランニングステーション、戦国時代を扱うテーマパークも整備。これらの設備に加え、天守閣の観覧料や既存の売店を収入源とし、市に毎年、基本納付金2億2600万円と利益の7%(約2千万〜約9千万円)を支払う。公園の維持管理費も負担する。

市は現在、外郭団体に管理を委託している天守閣やスポーツ施設を除き、大阪城公園の大半のエリアを直営。市によると、毎年、外郭団体からの納付金を含む市の収入と維持管理費はほぼ均衡しているという。

 橋下徹市長の意向で民間委託の方針が決まり、今年5月の市議会で関連の条例改正案が共産以外の賛成多数で可決した。


大阪城公園.PNG



大阪城公園(大阪市中央区)の魅力を向上させ、市の増収に繋げるとして、大阪市は16日、管理・運営を電通関西支社など5社でつくる事業者に委託すると発表した。
全国有数の観光地で収益力があるとして委託料は支払わず、事業者から毎年2億2600万円以上の納付金を受ける。
橋下の意向で民間委託の方針が決まり、今年5月の市議会で関連の条例改正案が共産以外の賛成多数で可決した。
在日電通に委託ですか。
橋下らしい決断ですな。


電通の正体.PNG
ラベル:大阪市
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック