2014年10月14日

インド 怒った村民がレイプ未遂犯の男の性器を切断

インド 怒った村民がレイプ未遂犯の男の性器を切断
http://www.xinhuaxia.jp/social/49030
2014年10月13日 10時12分

英紙「デイリー・ミラー」の10月10日付報道によると、インドのGanganagar州で村民が性暴行をしようとしていた40歳の男の性器を切断したという。

Suresh Kumarという名前の男が、路地裏で少女に対して性暴行をしようとした時に少女が悲鳴をあげ、駆けつけてきた村民達が男を肉屋に連れて行き、殴りつけてから男の性器を切断して大通りに投げた。

1人の村民は、「少女をレイプするような行為は取り締まらなければならない」と言った。

性器切断事件後に警察当局が事件関与者に自首するよう求めた。1人の警察官は、「レイプは憎むべき行為だが、法律も忘れてはならず、私刑を濫用することは間違いだ」と述べた。

Suresh Kumarは病院で治療を受けており、少女はカウンセリングを受けている。

(翻訳 崔蓮花)


レイプ未遂犯の男の性器を切断.PNG



英紙「デイリー・ミラー」の10月10日付報道によると、インドのGanganagar(ガンガナガル)州で村民が性暴行をしようとしていた40歳の男の性器を切断したという。
Suresh Kumarという名前の男が、路地裏で少女に対して性暴行をしようとした時に少女が悲鳴を上げ、駆け付けて来た村民達が男を肉屋に連れて行き、殴り付けてから男の性器を切断して大通りに投げた。
少女に対するレイプ未遂で、インドでは40歳の男の性器を切断。
レイプ・輪姦大国の韓国ならば、性器を切断しなければならない男が沢山出るだろう。


ラベル:インド
【関連する記事】
posted by hazuki at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック