2014年10月13日

ISISに志願の北大生(26)にイスラム研究家の元大学教授(54)がビザ不要の「経由国」教える

ISISに志願の北大生(26)にイスラム研究家の元大学教授(54)がビザ不要の「経由国」教える

元教授、北大生にビザ不要の「経由国」教える
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141012-OYT1T50176.html?from=ytop_main5
2014年10月13日 11時39分

イスラム過激派組織「イスラム国」に外国人戦闘員として加わろうとしたとして、北海道大の男子学生(26)が警視庁公安部の捜索を受けた事件で、イスラム研究家の中田考・元大学教授(54)が簡易投稿サイト「ツイッター」を通じ、北大生にシリアへの渡航方法を教えていたことが同庁幹部への取材でわかった。

 北大生は海外経験が全くなく、公安部は、中田元教授らの助言で計画が具体化していったとみている。

 同庁幹部によると、北大生は、シリアの求人広告を貼っていた東京・秋葉原の古書店関係者を通じ、中田元教授を紹介された。外国人戦闘員になることを希望していた北大生に、中田元教授はシリアの環境などを伝えていたという。

 2人はツイッターでも連絡を取り合い、北大生が今年5月に「どこのビザを取ればいいんですか」と質問すると、中田元教授は「ビザなしで入れる国経由ですので心配ご無用」と書き込んでいた。北大生はその後、中田元教授の助言を受け、トルコ経由でシリア入りすることになり、航空券はフリージャーナリストの常岡浩介氏(45)が準備した。




イスラム過激派組織「イスラム国」に外国人戦闘員として加わろうとしたとして、北海道大の男子学生(26)が警視庁公安部の捜索を受けた事件で、イスラム研究家の中田考・元大学教授(54)が簡易投稿サイト「ツイッター」を通じ、北大生にシリアへの渡航方法を教えていたことが同庁幹部への取材で分かった。
北大生は海外経験が全くなく、公安部は、中田元教授らの助言で計画が具体化していったとみている。
トルコ経由でシリア入りすることになり、航空券はフリージャーナリストの常岡浩介氏(45)が準備した。
海外経験が全くなくても、調べれば、ビザ不要の国は北大生にも分かるのに、何故、ツイッターで連絡を取り合っていたのでしょう。
ツイッターには、相互フォロー同士でDM(ダイレクトメール)という機能があるのですが、誰にでもツイートを閲覧出来るように、ツイートでやり取りしていたのでしょうか?
トルコのエルドアン大統領を苛々させるようなニュースですね。



【イスラム国】北大生ら事情聴取には意外な目的があった!、同行取材を予定の常岡浩介氏にインタビュー(辛坊 治郎)



中田考ツイッター
https://twitter.com/HASSANKONAKATA




参考

“リアル”を求めてシリアへ? ISISに志願した“自称・障害者”北大生の素顔
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407008582.html

「イスラム国」参加計画の北海道大の男子学生(26)、フリー記者に同行予定か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406711761.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック