2014年10月06日

出直し金沢市長選で山野氏再選 任期はたった2カ月、年内に再び市長選

出直し金沢市長選で山野氏再選 任期はたった2カ月、年内に再び市長選

出直し金沢市長選で山野氏再選 任期はたった2カ月、年内に再び市長選
http://www.sankei.com/west/news/141005/wst1410050063-n1.html
2014.10.5 22:32

前市長の辞職に伴う金沢市長選は5日投開票され、前市長、山野之義氏(52)が、いずれも無所属の元市議、升きよみ氏(71)=共産推薦、元県議、石坂修一氏(61)=民主、社民推薦、元県議、下沢佳充氏(53)=自民、公明推薦=の3新人を破り再選した。投票率は47・03%。

 公選法の規定により、再選した山野氏の任期は辞職前と同じ12月9日となるため、年内に再び選挙が実施される。当選を決めた山野氏は、選挙事務所で支援者に「次の選挙は2カ月後に迫っているが、市長としての取り組みを一人でも多くの人に理解いただきたい」と述べ、3選出馬への意欲を示した。

 山野氏は平成22年の前回市長選で、競輪の車券売り場誘致を目指す不動産管理業者に協力を約束して支援を受けたと批判を浴び、今年8月に市長を辞職した。

 だが、選挙戦では車券売り場問題をめぐる論争が深まらず、知名度に勝る山野氏が、スポーツ振興や公衆無線LANの整備拡充など1期目の実績を強調、党派を超えて支持を集めた。山野氏は選挙後、車券売り場問題に関し「市民から一定の理解を得られた」と強調した。


山野之義.PNG



前市長の辞職に伴う金沢市長選は5日投開票され、前市長、山野之義氏(52)が再選した。
投票率は47.03%。
公選法の規定により、再選した山野氏の任期は辞職前と同じ12月9日となる為、年内に再び選挙が実施される。
出直し金沢市長選のニュースで、昨夜の段階で当選確実となっていたのですが、何これ。
公職選挙法の規定で、年内にまた金沢市長選があるの?
税金の無駄遣いじゃん。
選挙には金が掛かる。
ラベル:金沢市長選
【関連する記事】
posted by hazuki at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック