2014年10月05日

電通関連の財団から横領容疑 「競馬につぎ込んだ」

電通関連の財団から横領容疑 「競馬につぎ込んだ」
http://www.asahi.com/articles/ASGB54WJYGB5UTIL00S.html?iref=comtop_6_04
2014年10月5日20時02分

広告大手・電通の資金提供で設立された公益財団法人「吉田秀雄記念事業財団」(東京都中央区)の預金を着服したとして、警視庁は5日、財団の元事務局次長小口芳和容疑者(63)=住所不定=を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。

 財団の口座からは2006年以降、計1億円以上の行方が分からなくなっており、警視庁は関連を調べる。

 捜査2課によると、小口容疑者は今年2月下旬、同区内の銀行で、財団名義の預金口座から80万円を払い戻し、横領した疑いがある。容疑を認め、「ほとんどを競馬につぎ込んだ」と供述しているという。


電通の正体.PNG



電通の資金提供で設立された公益財団法人「吉田秀雄記念事業財団」(東京都中央区)の預金を着服したとして、警視庁は5日、財団の元事務局次長小口芳和容疑者(63)=住所不定=を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。
1億円以上の行方が分からなくなっている金も競馬に注ぎ込んだのですかね。
まさに大穴。
外れ馬券ばかりだったけれど楽しかったのだろう。
在日電通の公益財団法人の元事務局次長が預金を着服。
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック