2014年10月04日

「九条の会」と共鳴ダメ 調布市が後援拒否

「九条の会」と共鳴ダメ 調布市が後援拒否
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014100490070600.html
2014年10月4日 07時06分

 東京都調布市民らでつくる「調布九条の会『憲法ひろば』」が来年一月に開く創立十周年記念イベントについて、調布市が後援しないことを決定した。憲法ひろばの会則が、「『改憲』のくわだてを阻むため…」などと宣言した文化人らの平和団体「九条の会」のアピール文に、連帯の姿勢を示している点を問題視。「政治的活動に当たり後援規定に反する」と判断した。 (竹島勇)

 決定は九月二十五日付。会場の市施設は利用できる。市民団体などが主催する憲法関連のイベントの後援を、自治体が拒否する例が他にも相次いでいるが、「九条の会」事務局長を務める小森陽一東大教授は「当会のアピールを理由にしたケースは初めて聞いた」と言い、「こういう発想が会場の使用拒否につながったり、他の自治体に広がったりしなければいいが」と心配する。憲法ひろばの会則は八項目あり、会の目的を定めた第二項は「『九条の会』の『よびかけ』(アピール)に応え、日本国憲法を守り、生かし、世界に向けて発信していく(略)」としている。会則は九条の会アピールの文面を引用していないが市はアピール文の内容を詳細に検討した。

 九条の会は二〇〇四年六月に設立され作家の故・井上ひさしさんら呼び掛け人九人の連名で、九条を守る決意を訴えた。設立時に発表されたアピールは「日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます」と宣言している。

 市文化振興課の仁藤美保課長は本紙の取材に、「『改憲のくわだてを阻むため』との文言が、(後援などの取り扱いに関する)要綱で定める審査基準の『特定の政党を支持し、もしくはこれに反するための政治活動』に当たるので、不承認とした」と説明。「議論のあることについて、後援すると市の中立の立場が損なわれる場合、承認しないことはある」と話す。

 憲法のひろばのメンバーは今年七月、長友貴樹(よしき)市長に面談した際、イベントの後援を相談。その後の市の担当者とのやりとり中で「後援は難しい」と伝えられていた。今回の決定に、大野哲夫代表(76)は「市の判断こそ政治的で納得できない」と批判、会員らも「九条の会というだけで後援しないということか」と反発している。記念イベントは来年一月二十五日に調布市グリーンホールであり、憲法学者の奥平康弘氏、教育学者の堀尾輝久氏が九条をテーマに座談会を行い、作曲家の池辺晋一郎氏の指揮で市民合唱団が平和をテーマにした歌を披露する。

 <「九条の会」> 憲法九条を守ろうと2004年6月10日にアピールを発表して発足。「呼びかけ人」は井上ひさし(作家)、梅原猛(哲学者)、大江健三郎(作家)、奥平康弘(憲法研究者)、小田実(作家)、加藤周一(評論家)、沢地久枝(作家)、鶴見俊輔(哲学者)、三木睦子(国連婦人会)の9氏。趣旨に賛同した人が地域や職業、宗教、趣味などの各分野で九条の会を結成した。「九条の会」事務局によると、2011年11月時点で7500あまりに上るという。「調布九条の会『憲法ひろば』」は、九条の会の活動に賛同した東京都調布市民らが04年12月に発足した。会によると、集会に参加する会員ら賛同者は100人を超える。




東京都調布市民らでつくる「調布九条の会「憲法ひろば」」が来年1月に開く創立10周年記念イベントについて、調布市が後援しないことを決定した。
「九条の会」のアピール文に、連帯の姿勢を示している点を問題視。
調布市が、九条の会の後援を止めました。
ラベル:調布市
【関連する記事】
posted by hazuki at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック