2014年10月04日

高須クリニックの院長 中国産食品に「腐るだけマシ。腐らない方が危険」

高須クリニックの院長 中国産食品に「腐るだけマシ。腐らない方が危険」

高須院長 中国産食品に「腐るだけマシ。腐らない方が危険」
http://www.news-postseven.com/archives/20141004_279947.html
2014.10.04 07:00

高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、定期的に世間を騒がせる中国の食品問題について訊きました。

 * * *
──今回は、中国の食品問題についてお話をうかがおうと思います。2008年の毒入り餃子事件、そして今年7月の期限切れ鶏肉事件と、中国から輸入される食品の安全性について、定期的に話題になっています。

高須:中国人の考え方としては、「別に死ななきゃいいじゃない」っていうことなんだと思う。安全性の基準をクリアしているかどうかは問題じゃなくて、実害があるかどうかなんだよ。鶏肉の問題だって、アメリカ企業の下請けだったから謝罪したけど、まったく悪いとは思ってないはず。返品された鶏肉だって、中国内で流通されているかもね。

──それはもう国民性の違いということなんですかねえ…。

高須:食文化の違いというかね。中国の一般市民だったら、床に落ちた鶏肉だろうが、期限が切れている鶏肉だろうが、誰も気にしないんじゃない?

──そういう意味では、鶏肉だけに限らず、ほかの中国産の食品の安全性も怪しくなってきますね。

高須:そうそう。それこそ死者が出ていないから気づいていないだけで、ヤバい中国産の食品はたくさん流通していると思うよ。日本人も忘れやすいから、報道されないと気にしなくなっちゃうし、もう今ごろ期限切れの中国産鶏肉が普通に使われているかもしれないよ。

──死ぬほどではないといっても、衛生的に怪しい食品を食べ続けて、健康的にはどうなのでしょうか。

高須:期限切れで、ちょっと腐っているくらいならまだマシ。逆に腐らない食品のほうが危険だよね。前に中国の重慶に行ったとき、夜になっても虫一匹飛んでなくて驚いたんだよ。要するに重慶では、大量の農薬が使われているとか、生物に害がある汚染物質が流れ出ているとか、そういう理由で虫も生きられない環境になっているわけだ。とりあえず、今はまだ中国産の食品は腐るみたいだから、本当にヤバい物質に侵されているわけではないってこと。それが腐らなくなったら、それが本当にヤバいときだと思う。そんなものは絶対に食べちゃダメだよ。

──中国内では重金属や農薬が含まれた農作物が流通していて、それが原因で重い病気にかかったり、死んでしまったりする国民が増えているとの話もありますよね。さらに、そういった事例を国家ぐるみで隠蔽しているという噂もあります。

高須:そうだろうね。中国の富裕層は、中国産の食品なんて全然食べないもんな。日本とか台湾からの輸入品ばっかり食べているよ。お金持ちは、どれだけ危険なものが中国内で出回っているかを知ってるんだよ。

──たとえば高級な食材も危ないんですか?

高須:そろそろ旬だけど、上海蟹なんかはかなり怪しいよ。すごく大きく育っているのに、結構安い上海蟹があるけど、あれはおそらく成長ホルモンをバンバン与えられてるヤツだろうね。絶対食べちゃダメ。上海蟹なら、小さくて高いヤツじゃないと。

──いずれにしろ、やっぱり中国産の食品は危険だということですね。

高須:とにかく重要なのは、“腐ってるから危険”というのはまったくの逆で、“腐らないから危険”って考えるべきだっていうこと。腐ってないから大丈夫って安心して食べている食材に、とんでもない毒が入っている可能性があるってことを知っておくべきだろうね。

 * * *
 中国産食品の表面化していない危険性を指摘した高須院長。知らず知らずのうちに毒に侵された中国産食品を食べていた…なんてことにならないように、消費者としても高い意識を持っておく必要がありそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


外部リンク

■ 高須克弥院長ツイッター
https://mobile.twitter.com/katsuyatakasu


中国産鶏肉問題.PNG




中国の一般市民だったら、床に落ちた鶏肉だろうが、期限が切れている鶏肉だろうが、誰も気にしない。
期限切れで、ちょっと腐っているくらいならまだマシ。
逆に腐らない食品の方が危険。
虫も生きられない環境になる程、大量の農薬を使う重慶。
重金属や農薬が含まれた農作物が流通していて、それが原因で重い病気に罹ったり、死んでしまったりする国民が増えているとの話もある。
腐らない中国食品が危険と考えた方が良さそうです。




関連

期限切れ肉、不衛生な油、虫がわいた米…ウォルマートの不正を従業員が内部告発―中国
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403504562.html

[期限切れ鶏肉問題] 櫻井よしこ氏 期限切れ鶏肉輸出の中国人は「懲りない人々」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403428063.html

[期限切れ鶏肉問題] 中国の期限切れ腐肉 相手が日本人なら食べさせたいとの感覚
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403272195.html

[期限切れ鶏肉問題] 上海福喜食品勤務男性 肉が落ちても床はキレイだから大丈夫
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403225526.html

マックだけじゃない、外食業が嵌った「低価格競争のワナ」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/403092226.html

[期限切れ鶏肉問題] マクドナルドは、商品ごとに原産地公表するとサラ・カサノバ社長が陳謝
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402857406.html

[期限切れ鶏肉問題] ファミリーマート「今後、中国産食材を厳選して調達する」!不買決定!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402749445.html

期限7カ月過ぎ、カビだらけの肉をファストフード店に供給=作業員「食べても死にはしない」!日本マクドナルド、ナゲットの約2割を期限切れ肉使用の工場から購入!
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/402328947.html
ラベル:中国
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック