2014年09月25日

北方領土開発に1900億円 ロシア大統領府長官、択捉島訪問 実効支配継続、鮮明に

北方領土開発に1900億円 ロシア大統領府長官、択捉島訪問 実効支配継続、鮮明に

北方領土開発に1900億円 ロ大統領府長官、択捉島訪問 実効支配継続、鮮明に
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/564750.html
(09/25 11:30)

【ユジノサハリンスク栗田直樹】北方領土・択捉島を訪問したロシアのイワノフ大統領府長官は24日、同島中部の別飛(べっとぶ)で記者団に対し、北方領土を開発する2016年からのクリール(千島列島)社会経済発展計画に総額684億ルーブル(約1935億円)を投じると述べ、島の実効支配の継続を鮮明にした。訪問に対する日本政府の抗議について「訪問するたびに遺憾表明や抗議を受けており、我慢できる」と述べ、批判に動じない姿勢を強調した。国営タス通信などが伝えた。

 またイワノフ氏は、ショイグ国防相が「近いうちに」択捉を訪問するとの見通しを示した。イワノフ氏はプーチン大統領の側近中の側近で、政権内で北方領土の開発を主導している。

 イワノフ氏は、現行の社会経済発展計画(2007〜15年、総額280億ルーブル)が発展の基礎になったと評価。16〜25年の新計画で、住宅建設や企業誘致、観光振興に取り組む方針を示した。モスクワなどへの水産物の輸送への助成や、島に埋蔵が確認されているレアメタル(希少金属)レニウムの採掘の研究を進める。

 また島民との対話では、進学で若者が島を離れる問題について「帰還のための方策が必要だ」と述べ、島への定住や人口増対策に取り組む考えも示した。<どうしん電子版に全文掲載>


イワノフ大統領府長官.PNG



択捉島を訪問したロシアのイワノフ大統領府長官は24日、同島中部の別飛(べっとぶ)で記者団に対し、北方領土を開発する2016年からのクリール(千島列島)社会経済発展計画に総額684億ルーブル(約1935億円)を投じると述べ、島の実効支配の継続を鮮明にした。
北方領土のロシアによる実効支配の継続、北方領土の開発に約1935億円を投じる。
勝手に空港を造っているし、ふざけるな。



択捉島にロシアの新空港開港、実効支配進む


北方領土問題 佐藤優がロシアの裏を暴露「プーチンは北方領土を返還したいと思っている」




参考

プーチン側近のイワノフ大統領府長官、択捉島訪問 菅官房長官「抗議したい」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405947515.html

北方領土の択捉島に新空港が完成 プーチン氏側近、近く視察か
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/405639303.html


ラベル:北方領土
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック